ノルレボは、フランスの製薬メーカーHRAファーマ社が製造・販売しているアフターピル(緊急避妊薬)です。 ヨーロッパ、アジア、アフリカなど50カ国で販売されており、2011年に日本で初めて発売されました。

妊娠の可能性を望む場合、性交後72時間以内に服用することで良好な避妊効果が得られると言われています。 国内外の臨床試験の結果、妊娠抑制率は80%以上という結果が出ており、また、性交後のピルの服用が早いほど避妊成功率が高いという結果が出ています。

アフターピルは、通常薬局などには置いておらず、基本的には産婦人科で処方されます。
現在はアフターピルも送料無料のネット通販で手軽に購入でき、ノルレボも格安で入手できます。

ノルレボ(アイピル)の格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

ノルレボの特徴(通販ソーシング)

ノルレボは、コンドームの破れや飲み忘れなどで妊娠の危険性があるときに服用することで、高い効果が期待できる緊急避妊ピルです。 黄体ホルモンのバランスを鋭く変化させることで避妊を可能にします。

性交後72時間以上服用すると、徐々に避妊効果が低下します。 そのため、持っておくことをお勧めしますが、身体的・精神的な負担を軽減するためには、あまり頻繁に使用せず、「どうしても妊娠を避けなければならない」場合に使用することが大切です。

性交後に1錠服用だけ

ノルレボは、毎日服用することで効果を発揮する低用量経口避妊薬とは異なり、性行為の後に服用することで効果を発揮するという特徴があります。 そのため、意図しない妊娠に備えたい場合や、コンドームなどの避妊具をうまく使えない場合は、低用量ピルを飲み忘れて妊娠してしまう可能性があります。

意図しない性行為での妊娠を緊急に回避しなければならない方や、中絶する前に望まない妊娠の不安を早く取り除きたい方にもおすすめのお薬です。

臨床結果では、避妊に失敗したと考えられる性行為から72時間以内に服用することで、80%以上の避妊効果が得られることが示されています。 避妊効果が最も高いのは、性交後12時間以内に服用した場合で、90%以上の妊娠を防ぐことができるようです。

1回の服用で、早く服用すれば3日程度、遅い場合は数週間後に出血があり、次の生理が来るまでに避妊が成功すると言われています。

有効成分レボノルゲストレルの働き

ノルレボの有効成分はレボノルゲストレルです。 レボノルゲストレルの性質は、女性ホルモンの一つである黄体形成ホルモンに似ています。

黄体化ホルモンは排卵を促進するために必要で、排卵時には特に多く分泌されますが、レボノルゲストレルは黄体化ホルモンのバランスを急激に変化させることができます。 その結果、ホルモンバランスの変化による排卵の遅れにより、緊急避妊を行うことができるようになりました。

黄体ホルモンのバランスを一時的に変化させることで排卵を防ぎますが、排卵や受精が始まっても受精卵が寝るのを阻害してしまいます。

ノルレボの効果

ノルレボは、妊娠解禁性交後に服用することで避妊効果を発揮する緊急避妊ピルです。 女性ホルモンの一つである黄体化ホルモンのバランスを一時的に崩し、排卵や受精を抑制して妊娠を防ぎます。

また、排卵や受精がすでに起こっている場合は、子宮内膜の成長が阻害されるため、受精卵が沈降しにくくなります。 80%以上の高い避妊効果を得るためには、性交後72時間以内に服用することがポイントです。

有効成分について

有効成分レボノルゲストレルは望まない妊娠を防ぐことができます。
レボノルゲストレルは、1960年代に開発され、1980年代に避妊ピルとして使用され始めたノルウェーの有効成分です。 その後、1999年にフランスの製薬会社HRA社がノルウェーで商品化し、その後各国での販売が承認されています。

レボノルゲストレルは、黄体形成ホルモンと似た性質を持つ女性ホルモンです。 黄体化ホルモンは排卵時に最も多く分泌され、レボノルゲストレルは黄体化ホルモンを阻害することで一時的にホルモンバランスを変化させ、子宮内膜の成長を抑制して避妊効果を発揮します。

一般的には120時間程度で避妊効果が持続するとされていますが、時間の経過とともに妊娠のリスクが高まるため、注意が必要です。

副作用

ノレルポの主な副作用は、不規則な出血、頭痛、吐き気、疲労感、倦怠感、眠気などです。 服用後のホルモン環境の一時的な変化があるので、様々な副作用が出てきますが、これは成分を体内に摂取したことによる一時的な症状で、時間が経つにつれて徐々に軽減していきます。 一般的な副作用としては、不規則な出血があります。

ピルを飲んだ後の出血が避妊成功の基準のようで、「膿栓症」と呼ばれることがよくありますが、「膿栓症」と「不正出血」の違いは一見するとわかりにくいです。 周期を確認しながら異常がないかを確認し、違和感があれば医師に相談しましょう。

ノルレボの飲み方

■1回分
1つのカプセル

■1日あたりの投与回数
1回まで

■服用時の注意事項
避妊に失敗した可能性のある性交の後に、レボノルゲストレル1.5mg(1カプセル)を1回分服用します。 投与期間は最大72時間ですが、早い方が効果が高いので、早めに服用することをおすすめします。 72時間以上服用すると徐々に避妊率が下がっていくので注意が必要です。

また、服用後2時間以内に嘔吐した場合は、効果がない可能性があります。 そのため、ノルロポを服用する前後の食事やアルコールの摂取量にも十分に注意が必要です。