アフターピルとは、緊急時に避妊したいときに服用する緊急避妊薬(緊急避妊薬)のことです。

ノルレボのジェネリック薬である「アイピル」は、性交後72時間以内に服用すれば、81%の確率で妊娠を回避することができます。 ピラマルヘルスケア社が製造販売しています。

アイピルは送料無料のネット通販で購入でき、まとめ買いすれば1錠800円以下になります。

アイピルの格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

アイピルの特徴(ジェネクリ通販)

経口避妊ピルは、ピラマルヘルスケア社がアフターピル(緊急避妊薬)として販売しています。 ノルレボのジェネリック医薬品で、有効成分レボノルゲストレルが含まれています。

経口避妊薬は、性交後72時間以内に服用すれば高い確率で緊急避妊が可能です。 エピルの有効成分であるレボノルゲストレルの効果について、先発薬であるノバルティス錠を用いた臨床試験が行われました。

臨床試験では、63名の女性に1.5mgのノルレボ錠を性交後72時間以内に投与したところ、63名中62名が緊急避妊に成功したという結果が得られました。 この結果は、妊娠検挙率を算出する際の根拠となりました。

妊娠阻止率とは

排卵日(リスク日)に近い受胎可能な期間に性行為をすることで、妊娠を回避できる確率のことです。 臨床試験では、ノルレボ錠の妊娠停止率は約81%で、意図しない妊娠を回避できる可能性が高いことが示されました。

性交後120時間以内に服用すれば妊娠を予防

72時間以内に服用すれば高確率で避妊できますが、72時間を過ぎても効果がないということはありません。

性行為の後にエパーのようなモーニングアフターピルを飲むのは早ければ早いほど成功率が高くなりますが、120時間以内であれば効果があるとされています。 緊急避妊に関しては、焦らず冷静に受け止めた方が良いでしょう。

アイピルの効果効能

避妊方法がない場合は、性交後に緊急避妊が可能です。

経口避妊薬は、黄体ホルモンや子宮内膜の成長を抑制することで、排卵を遅らせたり、排卵を防いだり、卵子の受精を抑制したりします。 この行為により、性交後に緊急避妊を行うことができます。

アフターピルの副作用

異常出血、腹痛、吐き気、下痢、頭痛、めまい、眠気、倦怠感など。

経口避妊薬を服用することで、一時的ではありますがホルモンバランスが激変するため、副作用が出てしまうことがあります。 副作用はほとんどが一時的な症状で、時間の経過とともに症状が軽くなっていきます。

アイピルの飲み方

1回分
1つのカプセル

1日あたりの投与回数
1回まで

経口避妊薬の効果を得るためには、性交後はできるだけ早く服用しましょう。 経口避妊薬の効果が得られるのは服用後3時間後なので、服用後2時間以内に嘔吐した場合は追加でピルを服用しましょう。

経口避妊ピルの有効成分について
経口避妊薬の有効成分であるレボノルゲストレルは、脳内で妄想を引き起こし、一時的にゴナドトロピンの産生を低下させます。 排卵は性腺刺激ホルモンの一つである黄体化ホルモンが多く分泌されることで起こりますので、その黄体化ホルモンを減らすことで排卵の時期を遅らせることができ、それ自体はメカニズムとしては進みません。

排卵があったとしても、すぐに妊娠するわけではありません。 レボノルゲストレルは子宮内膜の成長を促進し、受精卵が子宮内膜に到達したときに沈降するのを防ぎます。

注意事項

■併用注意事項
抗けいれん薬(フェノバルビタール、フェニトイン、パロミド、カルバマゼピン
HIV感染症の治療薬(リトナビル
リファブチン
リファンピシン
アシュワガンディン
オニホモジカを含む食品


■使用上の禁忌
過去に避妊薬の成分でアレルギー反応を起こしたことがある人
妊娠する可能性のある方、または妊娠している方
重度の肝臓病を患っている人

■使用上の注意事項
心臓病や腎臓病のある方、過去に病歴のある方
肝臓に問題がある人