アイピル(i-Pill)はノルレボのジェネリッ医薬品で、有効成分のレボノルゲストレルが配合されています。

経口避妊ピルは、避妊ができなかったり、様々な理由で失敗した場合には、72時間以内に服用することで妊娠を防ぐことができます。 この「72時間」というのが上限時間であり、早いほど避妊の成功率が高くなります。

ネット通販で購入できるアイピルは、病院で処方されるノレボに比べて1/10ほどの格安価格で購入することができます。 そのため、念のために買って保管している女性も増えてきています。

アイピル(ノルレボジェネリック)の格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

アイピルの詳細(通販クスリロイヤル)

アイピルは効率的なアフターピルとして知られるノルレボのジェネリックです。 ゴムが壊れたので避妊に失敗した」「性犯罪に遭った」など、様々な理由で避妊できない場合に使用できます。

72時間以内に服用するのが良いとされていますが、効果が出るのは早い方が良いとされています。 性交後24時間以内に服用すれば、最大95%の避妊効果が期待できます。

避妊効果、作用機序などはノルレボと同一

経口避妊薬の有効成分はレボノルゲストレルで、病院で処方された緊急避妊薬ノルレボと同じです。 投与方法や避妊効果、作用機序も基本的には同じなので、病院に行かずに入手できる経口避妊ピルは、緊急時の避妊薬として広く使われています。

経口避妊ピルは、避妊に失敗した性行為から72時間以内に服用することで効果が得られます。 これもノルレボと同じです。

しかし、これは「72時間まで」という意味であり、24時間以内に服用すれば、72時間以内に95%、75%まで積み上げて妊娠を防ぐことができます。

72時間以上経過すると避妊効果が薄れるというわけではありません。 一般的には性交後120時間以内に効果があるとされており、時間の経過とともに避妊効果が低下することに注意してください。

ノルレボの1/10ほどの価格

病院で書かれた処方箋のノルレボは保険適用外です。 そのため、処方箋1枚で15,000円程度の費用がかかり、「念のため」に簡単に購入することが難しいのが現状です。

しかし、アイピルは通信販売で購入することができます。 これがあれば、1,800円という安さで手に入れることができます。 ノルウェーで15,000円くらいだと仮定すると、その1/10くらいです。

また、病院の場合は「避妊失敗」をしていないとアイピルを処方してもらえません。 病院に行くまでの時間や、処方してもらうまでの時間を考えると、妊娠のリスクが高くなります。

緊急避妊で大切なのは「性行為後すぐに服用すること」です。 そのため、失敗に備えて準備しておくのが理想的です。

しかし、注文してから1~2週間後になってしまうと、避妊に失敗してから注文してもかなり遅くなってしまいます。 経口避妊薬は早めに購入した方が良いでしょう。

アイピルの効果効能

経口避妊ピルは、緊急避妊薬として世界中で一般的に使用されている薬です。 避妊に失敗した場合、性交開始から最大72時間以内に服用すれば、良好な避妊効果が得られます。

避妊に効果があり、副作用が少ないレボノルゲストレルは緊急避妊に効果があります。

アイピルに配合されている有効成分は、黄体化ホルモンを主成分とするレボノルゲストレルです。 1980年代頃から避妊ピルとして使用されています。 副作用が少なく、避妊効果が高いことから、世界中で広く親しまれています。 選択肢B、主流の銘柄は妊娠前の味噌として機能します。

レボノルゲストレルが配合されているアイピルのような避妊薬を飲んでも、性感染症のリスクは変わらないと言われています。

副作用に注意

経口避妊薬は、体質によっては激しい吐き気などの副作用を感じることがあります。 基本的にはノラフレックスのような副作用の少ない錠剤ですが、高齢になってきたので服用後の嘔吐には注意してください。

経口避妊薬の副作用による吐き気は、市販の制吐剤を服用したり、食後に就寝前に服用することで軽減することができます。 考えながら柔軟に対応すればいいんじゃね?

また、経口避妊薬を服用してから1時間以内に嘔吐した場合は、その効果が十分に吸収されていない可能性があります。 服用後1時間以内に嘔吐した場合は、別の錠剤を服用してやり直してください。

服用方法

1回分
1つのカプセル

取るタイミング
性交後120時間以内

絶対に日常的に使わないでください。

経口避妊ピルは、服用することで体内のホルモンバランスが急激に変化する薬です。 それによって妊娠を防ぐことができるので、当然女性の体への負担は大きくなります。 そのため、気をつけなければならないのは、月に何度も服用したり、性行為のたびに服用するのは絶対に避けなければならないということです。

理解しておくべきこと

経口避妊薬は、女性の体にあまり影響を与えない錠剤です。 いずれにしても、緊急避妊薬として、緊急時にのみ使用することを理解してください。
また、緊急避妊ピルは最後の手段であることを認識しておくことが大切です。 避妊をしたい場合は低用量の避妊ピルがおすすめです。

低用量避妊薬は、経口避妊ピルなどの緊急避妊薬に比べて、女性の体への負担が少ないです。 避妊効果も確実なので、緊急時以外は使用を検討してもよいでしょう。