経口避妊薬(アフターピル)は、性交後に服用することで妊娠を回避することを目的としたものです。
避妊に失敗しても、後から服用することで妊娠を防ぐことができます。

男性が協力してくれなかったり、避妊を忘れてしまったりすると、女性は妊娠の可能性に不安を感じてしまうことがあります。

アフターピルは、性交後72時間以内に服用すれば80%の確率で妊娠を回避できる調剤です。
この薬はそれらの不安を取り除くのに役立ちます。

アフターピルは病院で処方してもらう以外に、ネット通販でも購入できます。
下記サイトでは送料無料で、1錠800円ほどで販売されています。

アフターピルの格安通販サイト【i-pill】

 

 

 

 

 

 

アフターピル 通販 ジェネクリ・【genecli.com】

経口避妊ピルは、ノレボの病院で処方されるジェネリック医薬品で、ネットで購入することができます。 避妊率は、24時間以内に服用している人は95%、72時間以内に服用している人は81%、性交後120時間以内に服用している人は63%の確率で安心して避妊することができます。 毎日服用するタイプではなく、妊娠予防のために必要な時に服用する薬剤です。

ノルレボのジェネリックはお得に購入

経口避妊薬は、新薬のノルレボと同様にレボノルゲストレルを主成分とした緊急避妊薬です。 クラス(医療用医薬品のジェネリック)なので、ノレボと同じ効果が得られ、コストを抑えて手に入れることができます。 ジェネリック医薬品は開発にかかる費用や時間が少ないため、特許薬の2~7割程度の価格で販売されるのが一般的です。

緊急避妊薬とは、計画外の妊娠を避けるために、性行為後にホルモン剤を服用することで効果を発揮する薬です。 ジェネリック医薬品が発売される前の緊急避妊薬は15,000円~20,000円の負担がありました。 また、ノルウェージャンボーは高くて使えないという人もいます。

避妊の失敗や無意識の性交が原因で、女性は行為後の不安に悩まされます。 女性の精神的な不安や経済的な負担を軽減するために、新ピルと同じ成功率でありながらリーズナブルな価格のアイオピルは、緊急避妊の際に非常に重要な役割を果たしています。

レボノルゲストレルを主成分としたこれらの緊急避妊薬は、できるだけ早く服用することで最大の効果が得られるため、ジェネリックは服用する際の金銭的な障壁を減らすことができます。 また、ピルは女性の体を安心安全に守ってくれるとも言えます。

ネット通販で安心して買える

以前は緊急避妊ピルといえば、産婦人科で処方してもらわなければならず、服用後の吐き気などの副作用がひどかったのですが、これらの問題を解決するのが緊急避妊ピルです。 ラブピルは日本の製薬メーカーと提携しているタイのバイオ製薬会社が開発した医薬品なので、安心して購入することができます。

女性の立場からすると、緊急避妊ピルを使うと精神的に負担がかかるケースが多いです。 その女性は産婦人科で診察を受け、院外処方で薬局に行ったのですが、この精神的な壁はかなり高いはずです。

ジェネリック医薬品なので、プレミンピルであるノラフレックスと同じ効果が期待できますし、安心して服用できる経口避妊薬も通販で購入することができます。 先進国の薬局でも購入できますが、一般の人が見ることができる日本ではまだ手に入りません。 でも、ネットで注文すれば数日で届きます。 非対面で買えるこの場所は、女性に優しい薬と言えます。

価格を比較しながら注文することができるので、安く購入することができますし、手間も時間も省けて便利に利用できます。 これまでのアフターマーケットの経口避妊薬のデメリットを改善したのが経口避妊薬の特徴です。

アフターピルの効果

排卵を遅らせ、受精卵が定着して成長するのを防ぐ
経口避妊薬には、排卵抑制、就寝抑制、精子の通過を防ぐ効果があります。 排卵しなければ、卵子そのものがなければ、受精したとしても子宮に定着するのを防ぐことができるので、妊娠することはありません。

排卵や妊娠はホルモンによってコントロールされており、排卵を作り出すために脳から分泌される黄体化ホルモンと、卵巣に作用して卵胞を刺激して卵胞を作り出す卵胞刺激ホルモンがあります。 経口避妊薬は、これらのホルモンに作用して、卵子の産み付けや子宮内膜の成長を妨げる仕組みになっています。

そのため、服用後は出血が起こるまで避妊する必要があります。 出血は排卵前に約5日、排卵後に服用した場合は最大で21日程度発生します。 緊急避妊薬は成功する確率が高い薬ですが、このような日々を守ることが大切です。

有効成分の解説

レボノルゲストレルで避妊失敗や望まない妊娠の不安を解消
経口避妊薬の有効成分はレボノルゲストレルと呼ばれる抗体ホルモンです。 これらの医薬品は1999年に導入され、世界保健機関(WHO)の必須医薬品モデルリストにも掲載されています。 副作用はこれまでの緊急避妊薬に比べて大幅に軽減されていますが、以下のような状態になることがあります。

翳血、膣内出血不順、頭痛、吐き気、倦怠感、眠気、下腹部痛、浮動性眩暈、月経遅延。 ホルモンバランスが劇的に変化したり、服用後に一時的に変化することがあるため、副作用が出ることがあります。 ただし、副作用は構成成分を体内に摂取することで起こる一時的な症状なので、時間の経過とともに症状は軽減していきます。 気になることがあれば、すぐに医師の診察を受けてください。

アフターピルの飲み方

1回分
1つのカプセル

1日あたりの投与回数
1回まで

早めに服用すればするほど、緊急避妊薬として効果的です。
性行為後72時間以内に服用する必要がありますが、早ければ早いほど避妊の成功率が高くなります。 72時間以上服用をためらっても経口避妊薬の効果がなくなることはなく、一般的には120時間程度が緊急避妊の効果があるとされています。

また、副作用として吐き気や嘔吐を起こすケースもありますが、服用後3時間は錠剤を吐き出さないように注意が必要です。