ヤスミンは、黄体ホルモンと同じ効果を持つドロスピレノンを配合した経口避妊薬です。 1錠あたりの女性ホルモン量が均一なピルで、毎日何色のピルを飲めばいいのかという決まりがないので、飲み間違える心配もありません。

また、ヤスミンに含まれるドロスピレノンにはアンドロゲン作用がないため、男性ホルモンが抑制され、今までの低用量ピルと比較してもニキビや体毛の増加の心配はありません。

チャンピックスは、送料無料のネット通販で格安価格で購入できます。

ヤスミンの格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

ヤスミンの効果(通販くすりロイヤル)

ヤスミンは臨床試験では99%の避妊効果が確認されています。

避妊を希望する16歳~37歳未満の女性2,629人を対象に、ヤスミンを21日間服用し、7日間中止して合計28日間を1サイクルとして、平均12サイクル(約336日)の経過観察を行ったヤスミンの臨床試験が実施されました。

その結果、ヤスミンを服用した女性の99%に避妊効果が認められましたが、臨床試験中にコンドームなどの避妊具を使用した女性はいませんでした。 この「99%」という数字は、一般的な経口避妊薬であるトリゴンでの避妊成功率(1%は飲み忘れで失敗)と似ていると考えられています。

ヤスミンには高い避妊効果に加えて、様々な副作用を抑えられるというメリットがあります。 また、ヤスミンの臨床試験は国籍の異なる女性を対象に行われており、人種に関係なく避妊効果が実証されています。

むくみの解消

ヤスミンの有効成分であるドロスピレノンには利尿作用があり、排尿量を増やす効果があります。 ドロスピレノンはそれと共に黄体ホルモンとして使われていますが、元々は体内に水分を溜め込む働きを妨げる成分です。

このようなドロスピレノンの基本的な作用により、余分な水分が体外に排泄され、副作用によるむくみの症状を軽減することができます。 そのため、これまでの低用量避妊薬の副作用と比較しても、ヤスミンの場合は体重増加の心配はありません。

このヤスミン女性へのマイルドな配慮は、ヤスミンの後に登場した超低用量ピルと呼ばれる「ヤズ」に使われています。

ヤスミンは、バイエルシェリング(Beyer Schering)社が製造・販売している避妊ピルです。 ドロスピレノンを有効成分とする第4世代1相経口避妊薬で、低用量経口避妊薬の副作用であるむくみの心配がありません。
また、テストステロンを抑える効果が強く、ニキビや体毛の増加などの副作用もないので安心して使用できます。 副作用を抑える効果があり、良い避妊効果が確認されているピルです。

有効成分について

ヤスミンに配合されている成分であるエチニルエストラジオールとドロスピレノンは、体内で吸収されて血中に混ざります。 このホルモンバランスの変化は、ゴナドトロピンの産生が著しく低下すると、ホルモン分泌を調節する視床下部に伝わります。 刺激ホルモンの分泌が減ることで卵胞性休眠症になり、排卵が抑制されます。

卵胞が休眠状態になると、体内のホルモンバランスが正常な状態とは異なるため、様々な変化が見られます。 子宮内膜の成長が抑制され、ホルモンバランスが乱れることで受精卵が生成され、子宮内膜が薄くなります。 女性ホルモンを補うことで、子宮頸管から出る粘液の粘り気が増し、精子の侵入を防ぐことができます。 その結果、「避妊率99%まで」と臨床的に証明されています。

ヤスミンの飲み方

1回分
1つのカプセル

1日あたりの投与回数
1回まで

廃止期間
7日

喫煙は、血栓症や循環器系の障害を素因とするリスクがあると考えられています。 使用する場合は、禁煙しましょう。

決められた時間に服用するようにしましょう
高い効果を見つけるためには、ヤスミンの中止時期は正常な生理のように出血するので、毎日決まった時間に服用するようにしましょう。 合計7日間の停止期間を設定してください。

休薬期間が終われば、ヤスミンを服用する1サイクルが終了しますので、2錠目を続けてください。

ヤスミンを飲み忘れても、すぐに服用すれば大丈夫です。 しかし、2錠以上の服用を忘れてしまうと、避妊効果が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

気づいたらすぐに1錠飲んで、飲み忘れた分と合わせて次の服用後にヤスミンを2錠飲んで、次の周期までは避妊具などで避妊しましょう。 妊娠を予防したいのであれば、複数の錠剤を飲み忘れることがないように気をつけなければなりません。