ヤーズは月経困難症(生理痛)を緩和するために開発された、信頼性の高い人気の避妊ピルです。
海外では、PMSやニキビ治療の適応症を持つ医薬品として、超低用量避妊薬として認められています。

ヤーズは海外製品がネット通販で販売されています。
下記サイトでは、1箱2,000円ほどの格安価格で購入でき、送料無料で配送してくれます。

ヤーズの格安通販サイト

 

 

 

 

 

ヤーズの特徴

定期的に服用することで避妊効果も期待できます。
ドロスピレノンという黄体化ホルモンが含まれていて、ピルに含まれているホルモンの量は同じです。

第3世代の低用量ピルに比べて、ホルモンの配合量が少ないのが特徴で、1回の服用で少量のホルモンを摂取することで、体への負担が少なく、副作用のリスクを軽減することができます。

避妊成功率98.8%を達成

98.8%の人が妊娠して避妊に成功する
ヤスは避妊効果が高いです。 臨床試験では、1,027人の女性がヤスズを784日間服用したため、1,015人の女性が避妊に成功しました。 従来の避妊ピルに比べて、副作用は抑えられたが、避妊効果は低下した。 そんなものはありませんでした。

ニキビ効果の改善

ピルは、通常の低用量の錠剤で使用される有効成分とは異なり、アンドロゲンの活性化を阻害する drospirenone が含まれています。 ニキビはホルモンが原因で、皮脂腺の活動が活発になり炎症を誘発する状態になっているので、ホルモンのバランスを正すことでニキビの治療にも関係してきますし、肌荒れが気になる方は化粧水も選択肢の一つとしておすすめです。

ヤーズの効果

避妊
月経困難症、PMS改善

ヤーズには、有効成分としてエチニルエストラジオール(女性の卵胞ホルモンの作用を担う)とドロスピレノン(黄体化ホルモンの作用を担う)が含まれており、避妊薬として作用する可能性があります。

ヤーズは生理痛にも効果があります。
ヤーズは女性ホルモンを補うことでホルモンバランスをやや安定させ、避妊以外にも月経困難症、PMS(月経前困難症)、子宮内膜症、更年期障害、頑固なニキビ、生理的出血の総量の減少など、様々な治療に改善効果を発揮します。

有効成分

ヤーズに含まれる有効成分であるエチニルエストラジオールやドロスピレノンの作用により、卵胞ホルモンや黄体ホルモンのバランスや分泌を妊娠に近づける効果があります。

これらの機能がスムーズに実行されることで、脳が「妊娠している」という錯覚に陥り、女性ホルモンの分泌が抑制されるため、妊娠のプロセスを妨げることになります。

ヤーズの副作用

主な副作用
頭痛、吐き気、不規則な膣内出血、月経困難症、下腹部痛など。
ヤスを開始して1~2ヶ月後、頭痛、軽い吐き気、不規則な膣内出血などの症状が出ることがあります。 これらの症状は服用を続けているうちに徐々に軽減していきますが、症状がひどい場合や長く続く場合は医師に相談しましょう。

希少な副作用
下肢の痛み、むくみ、急な息切れ、激しい胸痛、頭痛などの症状は、血栓症の前兆として疑う必要があります。 早期発見・早期治療のためには、いつもの主治医を受診して相談してみてください。

ヤーズ服用後に次のような症状が現れた場合は、主治医や医療機関に相談してください。

  • 白いピルを飲んでも生理が来ない(白いピルを飲んでいる間に生理が来ることが多い
  • 重度の下痢や嘔吐
  • 他の薬や健康食品(サプリメントを含む)の服用
  • 検査室での検査を受ける
  • 他にも気になる症状がある場合

心配な場合は、症状を軽く見ないで、必ず医師の診断を受けましょう。

ヤーズの飲み方

1回分
1つのカプセル

1日あたりの投与回数
1回まで

服用量の順序
1日から24日まで… (ピンク)
25~28日… (白)

初めて服用される方は、生理初日から1日1錠ずつ、お薬手帳に書いてある順番で服用を開始してください。

薬の服用中・中止中

特定の有効成分を含むピンク色の錠剤を開始日から24日間服用してください。 白い錠剤は25~28日分を服用します。

白い錠剤はプラシーボで、飲み忘れ防止の成分は入っていないので、飲み忘れても問題ありません。
この28日を1周期として、妊娠したくない時期に何度も服用しましょう。

服用する際の注意事項

管理方法を厳守
ヤスは決められた方法で服用することが大切ですので、飲み忘れをなくすためにも、ほぼ毎日決まった時間に服用してください。 ピルを飲み忘れると妊娠の可能性が高くなるからです。

通常、白いピルを服用している間に生理が始まります。 生理が終わっても、続いても、29日目から新しいピルを飲み続けてください。

飲み忘れた時の対処法
ピンク1錠(1~24日目)を飲み忘れに気付いたらすぐに服用し、いつもの時間に同じ日の錠剤を服用してください。 前日にいつもの時間に飲み忘れたことに気づいた場合は、前日の分と当日の分を一緒に服用してください。

白い錠剤(p.25~28)はプラセボであり、飲み忘れ防止のための成分が含まれていないか、飲み忘れた成分を服用したものとみなして廃棄してもよい。
ただし、その後は順番にお取りください。