マーベロンは、1相性タイプの低用量経口避妊薬です。
高い避妊効果を発揮する1相性タイプの低用量経口避妊薬は、正しい使用方法で服用すれば、限りなく100%に近い確率で妊娠を防ぐことができます。

マーベロンには避妊効果の他にも、定期的に服用することで生理痛を和らげたり、生理周期を正常化したりすることで、卵巣がんの予防にも一役買うことができます。

マーベロンはネット通販でも販売されており、送料無料で格安購入できます。

マーベロン(ノベロン)の格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

マーベロンの特徴(通販ソーシング)

マーベロンは、1-in-1経口避妊薬として知られるタイプの低用量経口避妊薬です。

1-in-1ピルは、実際に3週間のピル期間中に毎日服用してもホルモン量に変化がなく、飲み方も簡単なので誤飲の心配がありません。
生理日の調整を容易にする医療用医薬品に分類され、海外では広く使われているという特徴があり、妊娠したくない女性や毎月の月経症状がひどい女性のために、産婦人科などで処方されることが多いです。

マーベロンは99%以上の避妊成功率を誇り、臨床試験でも避妊効果の高さが証明されています。
マーベロンの臨床試験では、933人の女性に最大392日間投与され、1人の妊娠が確認され、避妊成功率は99.9%でした。

マーベロンの効果

避妊
月経困難症、PMS改善

マーベロンはホルモンの分泌を抑え、月経を調節します。 月経調節は受精卵の沈降を防ぎ、精子が子宮内に入るのを防ぎ、月経困難症を軽減します。

有効成分

マーベロンに含まれる有効成分は、デオキシプロゲステロンとエチニルエストラジオールです。 デクスプロテレノールには、受精卵を沈着しにくくする働きがあります。 また、エチニルエストラジオールには、ゴナドトロピンの分泌を抑制し、女性ホルモンであるエストロゲンを低下させ、月経の流れを抑制する効果があります。

マーベロンの副作用

主な副作用
吐き気、嘔吐、乳房痛、頭痛、膣内出血不順、不快感、下痢、腹痛、月経過多、発疹、むくみ、視覚障害
喫煙すると循環器系の副作用が増える可能性がありますので、禁煙してください。 飲み始めてすぐに起こりがちなのは、性器の異常出血です。 継続して使用することで症状が和らぐこともありますが、出血が長く続く場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。

希少な副作用
重度の下痢や嘔吐が続くと、薬が吸収されにくくなり妊娠の可能性が高くなるので、他の避妊法を併用するようにしましょう。 急に足の痛みや腫れ、激しい頭痛、舌の節々の痛み、突然の息切れ、これらの症状が現れた場合は使用を中止してください。 また、突然の視覚障害の発症は血栓症が疑われます。
このような症状がある場合は、消極的にならずにすぐに医師の診断を受けましょう。

マーベロンの飲み方

1回分
1つのカプセル

1日あたりの投与回数
一度は

廃止期間
7日

初めて服用する場合は、生理初日から服用を開始し、1日1錠ずつ決まった時間に21日間連続して服用し、休薬期間を含めて1サイクルを目安に服用します。

ピルの服用中・中止中
特定の有効成分を含む錠剤を1日目から21日目まで服用します。

マーベロン21錠
22日から28日の中止期間の一部として服用しないでください。

マーベロンED 28錠
緑の錠剤は22日から28日まで服用することができます。 この錠剤はプラセボであり、飲み忘れ防止のための成分は入っていないので、飲み忘れは問題ありません。

この28日を1周期として、妊娠したくない時期に何度も服用しましょう。

飲み忘れた時の対処法

マーベロンの白1錠を飲み忘れた場合は、注意時に忘れた1錠を服用し、通常時に1日分の量を服用します。 マーベロンを2錠以上飲み忘れた場合は、その時点で服用を中止して次の生理を待ち、新しいピルクロスから服用を再開してください。
ピルを飲み忘れて妊娠する可能性が高くなるので、その間は他の避妊法と併用しましょう。

注意事項

高確率で避妊するためには、マーベロンを正しく服用することが大切です。
生理初日よりも遅く服用を開始した場合は、服用を開始した最初の1週間は他の避妊法と併用してください。 また、毎日ほぼ決まった時間に、決まった順番で薬を飲むようにしましょう。

通常、月経はピルの中止時や21日から28日までの錠剤を服用した時に始まります。 生理が終わっても続いても、29日目から新しいピルを飲み続けましょう。