卵胞ホルモンと黄体化ホルモンの2つの女性ホルモンを配合した三相性の低用量ピルで、避妊成功率99%。
世界的に認知されているベストセラーの低用量ピルで、多くの臨床試験が行われ安全性が確立されています。

トリキュラーは婦人科で処方してもらうと1ヶ月3,000円ほどしますが、ネット通販でまとめ買いすると700円ほどで購入できます。
通販だと1年分まとめ買いできるため、時間の節約にもなります。

トリキュラー21の格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

トリキュラーの特徴(通販ショッパー)

トリキュラーは多くの低用量避妊薬の中でも特に人気があり、日本では多くの婦人科や産婦人科で経口避妊薬として処方されています。

卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体化ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンを増やして妊娠に備え、脳と体を「妊娠」と勘違いさせて排卵を防ぎます。

同時に、精子が子宮内に入るのを防いだり、受精卵が定着しにくくすることで妊娠を防ぐことができます。

99%以上の避妊成功率

トリキュラーは40年以上前から販売されており、世界90カ国以上で承認されており、その実績と効果から多くの婦人科で処方されている薬です。

実際に行われた臨床試験では、トリキュラーを毎日420日間服用した結果、毎日924人の女性が避妊に成功し、920人の女性が99%の確率で避妊に成功したことが証明されました。

避妊に失敗した4人の女性は、Fixを3日以上飲み忘れた人で、Fixを正しく服用した人は全員避妊に成功しました。

世界初の三相低用量ピル

トリキュラーは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体形成ホルモン(プロゲステロン)の薬を3種類の比率で服用する世界初の三相性低用量ピルです。

トリキュラーは自然な形でホルモンバランスが変化するので、副作用も少なく、体への負担を最小限に抑えることができるのが、間違いなく最大のメリットです。

以前は低用量ピルには深刻な副作用や問題がありましたが、トリキュラーが販売されてからはそれらの問題が解決され、世界的にも人気のある商品となっています。

トリマーの効果は避妊の域を超えています。
低用量経口避妊薬は排卵を抑えるため、卵巣と子宮を安定したホルモンバランスに保つことができます。 避妊(月経前の困難)以外にも、月経困難症、子宮内膜症、更年期症候群、難治性ニキビなど、様々な治療に役立ちます。

トリキュラーの効果

有効性
避妊
月経困難症、PMS改善

ホルモンバランスは自然と変化し、ほぼ100%の確率で避妊効果が得られます。
トリキュラーは、妊娠に備えて黄体ホルモンと卵胞ホルモンの増加をシミュレーションします。
そのため、脳や体に「妊娠している」と誤認させてしまい、排卵・受精・着床のプロセスを阻害する効果があります。

トリキュラーの副作用

主な副作用
吐き気、粒状差圧迫感満点、頭痛、嘔吐、下腹部痛、発疹、じんましんなど
服用開始時に月経周期の途中で軽い出血(膣からの不規則な出血)が起こることがありますが、慣れてくると徐々に症状は軽減していきますので、出血が長引くようであれば医師に相談してください。

しつこく激しい下痢や嘔吐が続く場合は、吸収が悪くなり効果が低下することがあるので、他の避妊法と併用してください。

希少な副作用
血栓形成
下肢の痛み、むくみ、手足のしびれ、胸の鋭い痛み、突然の息切れ、胸の痛み、激しい頭痛、脱力感、麻痺、めまい、失神、目のかすみ、舌の節々、話しにくいなどの症状があれば、血栓症が疑われます。

すぐに服用を中止し、定期的に診察を受けている医師の診断を受けてください。

トリキュラーの飲み方・服用方法

1回分
1つのカプセル

1日あたりの投与回数
一回

投与順序
6錠(赤
5錠(白
10錠(黄色)21日分
廃止期間
7日

毎日所定の時間にコップ1杯の水またはぬるま湯でお召し上がりください。

トリキュラー使用間隔

トリキュラー21錠分
全部終わってしまうと7日間の中止期間があるので、生理と同様にこの期間にも出血があります。 ここまでは1サイクルなので、次のシートも順番に取ってください。

トリキュラーED 28錠の場合
白い大粒の錠剤を22日から28日服用します。 この錠剤はプラセボであり、飲み忘れ防止のための成分は入っていないので、飲み忘れは問題ありません。

有効成分

女性ホルモンを操作して安定させることで排卵を抑制します。

トリキュラーには卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体形成ホルモン(プロゲステロン)と呼ばれるホルモンが含まれており、女性の妊娠に関与して体の機能を維持しています。 このホルモンが体内に吸収されてしまうことで、妊娠したのに排卵しないという誤解を招くことになります。