避妊ピルやアフターピルは婦人科で処方してもらうのが一般的ですが、今ではネット通販で手軽に入手できます。

ピルの定番商品である「トリキュラー」や「マーベロン」、「ノルレボ」などがスマホで注文でき、1週間~10日ほどで自宅に届けてくれます。

値段も非常にリーズナブルで、トリキュラー21なら1ヶ月700円ほどで注文できます。

下記サイトなら送料無料で配送してくれ、2,000件以上のカスタマーレビューが掲載されています。
ピルのネット通販を考えている女性はぜひ一度チェックしてみてくださいね!

ピルの格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

おすすめ商品の紹介(ピル クスリロイヤル 通販)

マーシロンは、アメリカの製薬会社MSD社(2021年にオルガノン社から婦人科領域を分離する予定)が製造する超低用量ピルで、同社の「マーベロン」の姉妹品です。 有効成分をわずか0.02mg、エチニルエストラジオールを配合しているので、少量の「マーベロン」よりもはるかに低く、体への負担を軽減しています。

マーシロンの特徴

マーシロンの最大の特徴は、有効成分の超低用量化で、副作用のリスクを低く抑えるために処方されています。

マルシロンの有効成分の一つである合成卵胞ホルモン(エストロゲン)の一つにエチニルエストラジオールがあります。

エチニルエストラジオールは、卵胞の成熟を阻害して排卵を防ぐ成分です。 この機能により高い避妊効果を得ることができますが、従来のピルでは吐き気や乳房痛などの副作用症状を伴うことがあり、服用の障害となっていました。 これらの副作用は、体が本来持っているエストロゲンと合成エストロゲンが相互作用してホルモンのバランスを崩すことで起こります。 つまり、体への負担を考えると、経口避妊薬に配合されている混合合成エストロゲンの量が多ければ多いほど良いというわけではありません。

マーシロンに配合されているエチニルエストラジオールは、1錠中0.02mgの超低用量です。 そのため、副作用のリスクを最小限に抑えつつ、避妊・月経対策に非常に効果的です。

毎日の服用がとても簡単

マーシロンは、1日1錠の低用量経口避妊薬で、月経初日から継続して服用します。 各錠剤には、すべての錠剤に同じ有効成分とその含有量が含まれています。

低用量の避妊ピルは、有効成分の含有量のばらつきによって3つのタイプに分けられます。

マーシロンのように、有効成分が投与されている間は同じ量のままであるものは、ワンフェーズと呼ばれています。 経口避妊薬の成分含有量が2段階または3段階に分かれている場合は、投与順序を正しく守らなければなりません。 しかし、どの錠剤を飲んでも用量が変わらないので、順番を間違える心配がなく、万が一飲み忘れた場合でも1日程度であれば調整しやすいのがメリットです。

第三世代プロゲスチン

天然の黄体化ホルモンであるプロゲステロンについては、低用量ピルに含まれる合成黄体化ホルモンをプロゲステロンと呼びます。

マーシロンに含まれるプロゲステロンには、従来のプロゲスチンに比べて大きく2つのメリットがあります。

第一の利点は、黄体化ホルモンとしての役割が大幅に高まることです。 排卵抑制効果を高め、避妊効果を高めます。 また、子宮内膜の増殖を抑制し、過剰な子宮内膜肥大症に伴う疼痛物質(プロスタグランジン)の産生を抑制します。 プロスタグランジンの産生を防ぐことで、月経困難症を軽減することができるのも特徴です。

第二の利点は、前世代のプロゲスチンのボトルネックであったアンドロゲン作用(アンドロゲン活性)を半分以下に抑えることに成功したことです。 これまではアンドロゲンの男性化作用により、体毛が濃くなったり、ニキビが増えたりなどの症状が出るケースがありましたが、マーシロンの治療ではこれらの症状の発見を大幅に抑制することができます。

マシロンは排卵抑制効果が高くなる一方で欠点となる男性化効果を抑える処方で、初めて低用量の避妊薬を服用する人でも安心して服用できる薬です。

効果効能

月経周期の安定化、PMS(月経前症候群)、月経困難症の緩和
マシロンは、有効成分のエチニルエストラジオールとデソゲストレルの作用で排卵を抑制します。 また、デソゲチールには、子宮頸管粘液(膣)の粘度を高めて精子の侵入を防ぐ効果があるほか、子宮内膜過形成を予防して着床を防ぐ効果もあります。 マシロンは、排卵を抑える、精子の侵入を防ぐ、着床を防ぐという3つの作用で高い避妊効果を発揮する薬です。

また、月経初日から毎日継続してマッシロンを服用することで、月経周期をコントロールすることができます。 排卵や体内のホルモン量が急激に変動しないため、月経前症候群(PMS)などの不快な症状が出にくくなります。 子宮内膜が厚くならないので、それに伴う月経困難症を抑える効果があります。

副作用

主な副作用
頭痛、吐き気、乳房圧痛、下腹部痛
服用開始時期に頭痛や吐き気、異常出血などの副作用症状が出ることがあります。 しかし、数ヶ月ほど服用を続けていれば、基本的には徐々に減っていきます。 症状がひどく、長く続く場合は、服用の継続について医師に相談してください。

希少な副作用
血栓症
血栓症とは、血管内に血栓が出現し、血流が滞っている状態のことです。 下肢の激しい痛みや脱力感、息切れや胸の痛み、激しい頭痛がある場合は、マッシロンの服用を中止し、すぐに診察を受けるようにしてください。

有効成分

2つの有効成分が卵胞の成熟を防ぎ、排卵を抑制する
マッシロンに含まれるエチニルエストラジオールは合成卵胞ホルモン、デオキシプロゲステロンは合成黄体化ホルモンです。

女性の体内では、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスによって、卵胞の成熟、排卵、その後の月経や妊娠のサイクルが維持されています。 この時点で、マッシロンを服用した後の体内にごく少量の卵胞ホルモンや黄体ホルモンが存在すると、脳が卵胞が成熟したと判断し、それを阻止します。

マシロンは、排卵を起こさずに卵胞の成熟を阻害することで妊娠を防ぐ経口避妊薬です。

投与方法

1回分
1つのカプセル

1日あたりの投与回数
1回まで

行政の秩序
タブレット1号から始めて、順番に取る

廃止期間
7日

運営時期について
マシローネはダイエットに関係のない薬です。 生理開始から24時間以内に最初の1錠を服用し、その後は毎日同じ時間に、食前と食後に服用してください。 1日分を飲み忘れた場合は、前日の分をすぐに服用し、その日はいつもと同じ量を服用してください。 2日以上飲み忘れた場合でも、一度に2錠以上は服用しないでください。 前日に1錠服用した後は、その日に指定された時間に服用してください。