ピルの通販サイト(送料無料・まとめ買い可)

ピル(低用量避妊ピル)は病院で処方してもらうのが一般的ですが、実はネット通販で個人輸入することができます。
ネット通販なら通院の時間が必要ありませんし、1年分まとめ買いすることも可能です。

インスタなどのSNSを見てもピルを個人輸入している人はけっこう多く、最初は不安だったけど効果は全く変わらなかったとの声がほとんどです。

下記で紹介しているサイトでは、トリキュラーなどの定番商品を送料無料で格安購入できます。
1年分まとめ買いすれば1ヶ月分が700円以下の激安で注文できるのでおすすめですよ\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

新商品の紹介(ピル 通販ビーナス)

ロエッテは、米国ファイザー社が開発した経口避妊薬です。 主に男性が行う避妊器具などとは異なり、女性向けの避妊法として知られています。

ロエッテにはレボノルゲストレルやエチニルエストラジオールなどの有効成分が含まれており、この2つのホルモン成分の効果で妊娠予防に高い効果を発揮します。 もともとは避妊ピルとして開発されたものですが、生理不順の改善や女性ホルモンのバランスを整えるという特徴もあり、女性特有の生理不順を緩和するために服用することができます。

卵胞ホルモンフィットの量が少ないので、副作用が出にくく、1対1で飲み間違える心配もないので、初めて経口避妊薬を使用する方や慣れていない方でも安心して服用できる医療品です。

ロエッテの特徴

ロエッテは、望まない妊娠を防ぐための準備をしたい方に効果のある経口避妊ピルです。 それは他の低用量の丸薬より少数の卵胞ホルモンを特色にし、副作用がより少なくなります。

2つの有効成分が妊娠に備えてホルモンの上昇をシミュレートし、脳と体を「誤認」させて抑制します。 効果はピルを開始して7日後から始まり、ピルを止めてから数週間~2ヶ月で再開します。

また、ロエッテは女性ホルモンのバランスを調整してくれるので、重度の月経痛や月経周期の乱れにも効果があります。

間違って飲んでも安心

低用量の避妊ピルは、下腹部痛などの副作用の主な原因となる卵胞ホルモン0.03mgとのペアリングがほとんどです。 しかし、ロエッテに含まれる卵胞ホルモンは0.02mgと2/3に抑えられているため、経口避妊薬の効果を維持したまま副作用が出にくいのが特徴です。

また、ロエッテは1相低用量の錠剤で、ホルモンの量は全て同じで、服用する順番はありません。 そのため、順番を決めて服用しなければならない3相低用量錠に比べて、間違った錠剤だけが失敗するなどのメリットがあります。

副作用が少ないので体への負担が少なく、飲み間違える心配もないので、初めて経口避妊薬を使う人や慣れていない人にもおすすめの薬です。

2つの有効成分が高い避妊効果を発揮

通常、妊娠準備には黄体化ホルモンや卵胞ホルモンが重要です。 ロエッテには、黄体ホルモンであるレボノルゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールが有効成分として配合されています。 つまり、黄体ホルモンや卵胞ホルモンを擬似的に増やすことで、脳や体を「妊娠している」と誤認し、排卵・受精・妊娠のプロセスを阻害しているのです。

また、ロエッテは避妊効果が非常に高いのが特徴です。 1,447人の女性を対象とした臨床試験では、ロエッテを28日間で平均約5回服用したところ、99%以上の女性が避妊に成功しました。

もともとは避妊薬として開発されたものですが、生理不順の改善や生理痛の緩和、女性ホルモンのバランスを調整して女性特有の生理不順を緩和する効果が期待されています。 扱いやすく、避妊以外にも様々な目的で服用できる薬です。

有効成分

2つの有効成分が排卵や卵子の受精を防ぎます。
ロエッテには、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルという2つの有効成分が含まれています。 この2つの有効成分が体内のホルモンバランスを変化させ、視床下部の黄体化ホルモンの分泌を抑制することで排卵を抑制します。

また、子宮内膜の成長が抑制されることで受精卵が産まれにくくなり、子宮頸管粘液の粘り気が増します。 そのため、精子が子宮内に入りにくく、高い避妊効果を得ることができません。

ロエッテの効果について

有効性
避妊
生理不順など女性特有のホルモンバランスの調整

ロエッテは、2つの有効成分で99%の効果を発揮する経口避妊薬です。 卵胞ホルモンの量が0.02mgと少ないため、下腹部痛などの副作用が出にくいという特徴があります。

また、互換性のある低用量錠であるホルモン剤が全錠同じ量配合されているため、規定の服用順がないので、経口避妊薬の使用に慣れていない方でも安心して使用することができます。

飲み方

1回分
タブレット1個

1日あたりの投与回数
1回まで

廃止期間
7日

初めてロエテルを服用する場合は、生理初日から服用を開始してください。 ほぼ毎日決まった時間に水かぬるま湯で飲んでください。
21日間連続で服用した後、7日間の停止時間を設定します。 合計28日が1周期の服用なので、避妊したい期間はその周期を続けましょう。

服用時の注意点と副作用

ロエテルを開始してから14日間は、性行為の際に避妊具を使用しましょう。 通常はピルの中止中に生理が始まりますが、終了しても継続しても、29日目から新しいピルの服用を開始します。

万が一、飲み忘れた場合は、通常の服用時間から12時間以内であれば、気がついた時にすぐに飲み忘れた薬を服用してください。 その場合は、通常の服用スケジュールと合わせて、時間帯に応じて1日2錠を服用してください。

また、ロエッテは副作用の少ない薬ですが、吐き気や胃痛・不快感、片頭痛、気分の変化などが見られることもあります。 まれな副作用として、血栓症、黄疸などを挙げることができますが、要するに、体調が悪いと感じたら服用をやめて、医師の診察を受けましょう。