低用量ピルやアフターピルなどの避妊薬は、婦人科で処方してもらうのが一般的ですよね?
実は、最近はネット通販でも避妊薬を購入できるようになりました。

通販のメリットとしは、診察や待ち時間不要・まとめ買いできるなどがあります。

また、値段もすごく安く、人気のトリキュラー21なら1ヶ月分が700円ほどで通販できるんです。
もちろん、アフターピルも格安で注文できますよ。

私も今ではネット通販でトリキュラーをまとめ買いしてます( •̀ ω •́ )✧

避妊薬の格安通販サイト(送料無料)

 

 

 

 

 

 

新商品の紹介(避妊薬 ジェネクリ公式輸入)

ノルパックは、タイの製薬会社ABCAファーマ社が製造している緊急避妊薬(緊急避妊ピル)です。 性交後72時間以内に服用し、80%以上の確率で妊娠を回避することができます。

従来の中用量ピルによる緊急避妊法に比べ、女性ホルモンの摂取量が少ないため、本来のホルモンバランスが急激に変化することがありません。ノロパックは、女性の体への負担軽減と高い効果を兼ね備えており、どなたでも安心してご利用いただけます。

ノルパックの特徴

ノロパックの一番の特徴は、今までの緊急避妊法に比べて副作用の心配が少なく、体への負担が少ないことです。

生理後の緊急避妊法の中でも、ヤッペ法とノーフォークbag.The Yappe法によって導かれたサプリメントとして摂取されるレボノルゲストレルがあり、過去には緊急避妊の手段として主流となっています。 しかし、緊急避妊に切り替えるために、もともと中用量経口避妊薬であるプロプラノロールを大量に服用することは、女性の体に大きな負担をかけてしまい、副作用が出やすいというデメリットがあります。 また、ヤッペ法では、性交後72時間以内に2錠を服用し、続いて性交後12時間後に2錠を服用する必要があり、間隔をおいて2回に分けて服用するタイミングが複雑になっています。

一方、レボノルゲストレル法では、ノファップパウチをはじめとする女性ホルモンの添加量がコントロールされているため、頭痛や吐き気などの副作用が起こりにくいのが特徴です。 また、1回の服用で服用できるので飲み忘れなどもなく、緊急避妊が必要な方でも簡単に実践できます。 また、1990年代に行われた比較試験では、レボノルゲストレルの方が妊娠中止率が高く、レボノルゲストレルの方が逆の副作用の発生頻度が低いことが判明しました。

このように、ノルパックは女性の体への負担を軽減した使いやすい緊急避妊ピルです。

子宮内膜環境を変化させて妊娠を回避

レボノルゲストレルのもう一つの効果は、着床を妨げることです。
もともとプロゲステロンは、妊娠に欠かせないホルモンです。 まず、卵胞の成熟期、排卵期、受精期には、主に卵巣から分泌されるエストロゲンが子宮内膜を厚くします。 その後、黄体から分泌されるプロゲステロンは、子宮の裏地ができやすい環境に適応します。

通常、子宮内膜は排卵後5~7日後に着床に適した状態になります。 しかし、エストロゲンの影響で、子宮内膜の厚みが足りないとプロゲステロンの濃度が急激に上昇し、実際に着床に適した子宮環境が形成される前に着床してしまいます。 受精卵が子宮に到達する頃には、子宮は着床しにくくなっており、その結果、着床に至らず、妊娠が成立しない状態になっています。

このように、レボノルゲストレルの主な避妊効果は排卵抑制であり、一方で子宮環境を変化させて着床活動を抑制する効果を持っています。

排卵前のホルモンバランスの調整

レボノルゲストレルはノルエピネフリンの有効成分で、プロゲステロン(黄体形成ホルモン)と似たプロゲステロン(合成プロゲステロン)を生成します。 レボノルゲストレルの第一の効果は排卵抑制です。 この排卵抑制効果は、レボノルゲストレルが持つ第一の避妊効果と考えられています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)と黄体ホルモンは、女性の体内にある2つのホルモンで、排卵から月経、妊娠までのサイクルに密接に関係しています。 この2つのホルモンのうち、プロゲステロンの濃度は排卵に強い影響を与えます。 このプロゲステロンを分泌させるためには、LH(黄体化ホルモン)が存在している必要があります。

通常、LHは排卵直前にLHスパイクと呼ばれる過剰に分泌され、排卵を誘発します。 しかし、このタイミングでノルパックを介してプロゲステロンを投与すると、排卵後のホルモンバランスに似た状態になり、排卵を起こすのに十分なLHが分泌されなくなります。LHのピークを抑制することで、妊娠ではなく排卵を予防したり遅らせたりすることができます。

有効成分について

レボノルゲストレルが排卵・着床を抑制して妊娠を回避する
レボノルゲストレルはノルパック錠の有効成分で、第二世代プロゲステロン製剤ではよりプロゲステロン活性が高いことが知られています。 レボノルゲストレルには排卵抑制作用と着床抑制作用の両方があります。

排卵前にレボノルゲストレルを服用すると、排卵のタイミングが変わったり、排卵に必要なLHのピークが抑制されて排卵が阻害されることがあります。 排卵後にプロゲステロン値が上昇する前に服用すると、受精卵が着床する準備が整う前に子宮内膜が変化してしまい、着床に適さない状態になってしまうことがあります。

レボノルゲストレルもアンドロゲン (男性化) 効果があります。 服用量によってはニキビや体毛が濃くなることもありますが、緊急避妊のために服用しても一時的な効果なので安心してください。

ノルパックの効果

性交後すぐに服用することで、高い確率で妊娠を止めることができます。 ノルフロックスパウチについては、性交後12時間以内に99.5%、性交後24時間以内に98.2%、性交後72時間以内に84%の妊娠抑制率が報告されていますが、性交後72時間以上服用した場合は63%となっています。 そのため、妊娠の可能性がわかっているときにはすぐに服用することが大切です。

ノルパックは食事やアルコールの影響を受けませんが、服用後2時間以内に嘔吐が起こると避妊効果が得られない場合があります。 そのため、必ず水やぬるま湯で服用し、服用後はアルコールの摂取を控える必要があります。

また、ノルパックは経口避妊薬と同様に排卵抑制効果がありますが、ノルパックは性交後の緊急避妊薬です。 妊娠を避けるためにも、計画的に摂取しないようにしましょう。

注意点

主な副作用
頭痛、吐き気、胸の圧迫感、眠気、血の気が引く
デパコート錠を服用していると、頭痛や吐き気などの軽度の副作用症状が現れることがあります。 服用後2時間以内に嘔吐した場合は、避妊効果が得られない可能性があります。 症状が軽くても、体調不良や体調に異常がある場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

希少な副作用
不規則な出血、月経不順、月経血量の増減など
副作用症状である不規則出血などは、通常、妊娠初期に起こる着床出血と区別がつきません。 そのため、ノルバスタチンを服用した後は、生理周期を考慮して妊娠しているかどうかを確認するために、早めに医師の診察を受けましょう。

飲み方

1回分2錠

レボノルゲストレル1.5mg(2錠)を性交後72時間以内に水またはぬるま湯で服用する。 性交後の服用は早ければ早いほど効果的です。 しかし、ノルフロックスバッグは性交後できるだけ早く服用することで妊娠停止率が高くなることが期待できますが、100%の妊娠を防ぐことはできません。 計画的に避妊したい方は、経口避妊ピルなどの経口避妊薬がおすすめです。

また、ノルバスタチンを服用した後の不規則な出血や妊娠初期の出血は、通常の月経による出血と区別がつかないことがほとんどです。 ノルパックを服用した後も、自分の生理周期を考えると適切な時期に医師の診察を受けることが大切です。