強力な抗アレルギー効果で花粉症を抑えてくれるジルテック。
ジルテックは耳鼻科などで処方してもらえますが、値段が割と高めなのが残念ですよね。

実は、ジルテックのジェネリックはネット通販で買うことができ、下記の公式サイトでは1錠17円ほどで販売しています。
500件以上の参考になるレビューもあるので一度チェックしてみてくださいね!

ジルテックの格安通販サイト(ジェネリック)

 

 

 

 

ジルテックの効果(通販 チャレンジャー)

ジルテックは、アレルギー症状による鼻水やくしゃみなどの症状に効果を発揮する抗ヒスタミン薬です。
アレルギー性疾患の治療薬として、インシッドL(Incid-L)はジルテックのジェネリック版です。

有効成分が含まれているセチリジンを服用することで、アレルギー症状の原因となるヒスタミンが受容体と結合するのを防ぐ働きがあります。
また、アレルギーに伴う化学伝達物質の放出を抑制し、これらの機能を介してアレルギー反応による様々な症状を抑制します。

ヒスタミンと関連した受容体によく反応するため、重複した効果を発現する心配が少なくなります。
脂質溶解度が低く、脳に入りにくいため、以前の抗アレルギー薬に多く見られた眠気の副作用もあまり気にすることなく使用できます。

ジルテックの飲み方(用法用量)

1日1回1錠(10mg)を1日1回就寝前に水または普通の水と一緒に服用してください。
1日の最大投与量は2錠(20mg)です。

■注意事項
重度の腎臓病の方は服用しないでください。
肝臓病やてんかんなどの病気を持っている方、高齢の方は服用しないでください。
比較的早く効果が現れますが、本格的な効果を実感するまでに数日かかる場合もあります。

副作用

喉の渇きや吐き気、食欲不振、眠気、倦怠感などの症状が報告されています。
これに加えて、頭痛や頭の重たい感じ、血小板減少、めまい、血圧の低下などを感じることもあります。

ジルテックの口コミ評価

毎年2月頃からジルテックを愛用していますが、これさえあれば花粉症の心配もないので、とてもおすすめです。 ちなみに私の場合、鼻水よりも喉の痛みの方が強いので、ジルテックだけでなくトランサミンも使用しています。 似たような状態の方は、この設定の利用を検討してみてください。

病院でジルテックを処方された時に、効果があったのでよく購入していました。 今まではENTに通っていましたが、ここで簡単にジルテックが買えるようになったので、ENTに行くのをやめました。 行かなくても十分に乗り切れるので、本当に助かっています。 今後も続けていけるかどうかはわかりませんが、今のところは全く問題ありません。

ホコリアレルギーや花粉は非常に強く、体を悩ませます。 アレルギーに使う薬を避けようといつも思っていました。 しかし、今年から外出が頻繁になり、薬を飲まないと大変なことになってしまいました。 病院では実際にジルテックをもらいましたが、個人的にはシドでした。 正直、薬の効き目はどれも早く飲んだ方が良かったような気がします。

アレロックからジルテックに変えてからは、いつも頭痛がひどくなっていました。 ジルテックが悪いのかどうかはよくわからないので、もしかしたら関係があるのかもしれませんね。 また、肝心の効果にもあまり影響がなかったように思います。 あと、完全に鼻水。 1日1タブレットで済むからそっちに惹かれてたけど、これのために買う価値がない。

スギ花粉の季節にはジルテックが欠かせません。 何もすることがないくらいたくさんあります。 花粉で間違いなく喉が痛くなるので、毎年これとロキソネで過ごしています。 しかし、それでも日付によっては耐えられない場合もあります。 だから、完璧な薬だとしたら、それは違うんじゃないかな。 でも、かなり良くなったので飲む価値はありました。

今のところアレルギーはないのですが、去年から急に鼻がかゆくなり、状態を見たらほぼ確実に花粉症で目が覚めてしまいました。 すぐに病院で診てもらって、薬を飲んで、悪化しない方法を見つけようと思っています。 では品揃えも充実していて、特にインシードは中央で購入することができ、約4ヶ月間安心して飲むことができるという点がとても便利です。

私はアレルギーが多いので、他にもいろいろな薬を飲んでいます。 花粉症の薬の一つで、数回服用すると眠くなったり、頭痛のようなものに悩まされたりすることがあります。 インッシドLは副作用が少ないので楽しみにしていたのですが、服用すると眠くなってしまいます。 今のところ薬よりもまだ若干眠いので、たまに飲むのは辛いけどまだ辛い。