タダリスタ(Tadalista)は、海外通販で非常に人気のあるシアリスのジェネリック薬。
有効成分が20mg含まれ、1日中効果が持続する優れものです。

タダリスタはまとめ買いすると1錠60円ほどで通販でき、ジェネリックの中でもコスパ最高の商品です。

下記の公式サイトでまとめ買いするのが最安で、送料無料で配送してくれます。

タダリスタの格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

タダリスタの効果(購入くすりロイヤル)

タダリスタはシアリスと似た働きをするジェネリック医薬品で、有効成分も「タダラフィル」です。 他のED治療薬と同じように、勃起を正常化するための成分です。

体内には勃起に必要な酵素があります。 それらは「CGMP」と「PDE-5」です。 これらは勃起に必要な血液を調節する酵素で、cGMPは勃起を促すために血流を促進する作用があり、PDE-5は勃起を抑制する作用があります。

勃起を促進させるためにはcGMPをたくさん入れればいいという話ではなく、全体のバランスが必要です。 勃起は勃起したときに起こり、性欲がなくなると自然に収縮するのが理想です。 勃起不全とは、このように人間のメカニズムを阻害している状態のことです。

元々の勃起とは、陰茎の穴の開いた本体に血液が流れ込み、陰茎が膨らんで固まる現象です。 もちろん、何がきっかけで、ペニスに性的刺激が作用するのか。 脳内の空っぽの思考、五感で感じる刺激、陰部刺激など、脳の性中枢が興奮すると、脊髄から勃起神経に興奮が伝わります。

上記の2つの酵素がこの刺激に対応しています。 通常、覚醒時にはcGMPが活性化し、覚醒が落ち着くとPDE-5が活性化します。

勃起不全の症状としては、この覚醒はあるものの、実際には勃起しないということが挙げられます。 その理由の一つは、勃起を阻害するPDE-5が活性化することです。 PDE-5が活発になると、ペニスに血液が溜まらなくなり、勃起しにくくなります。 だからこそ、タダラフィルが便利なのです。

タダラフィルの摂取は、ペニスへの血液の流れを阻害するPDE-5の働きを阻害します。 ある意味では、自分の体の血流を良くする働きがあるので、正常な血流を回復させる薬でもあります。

タダリスタの副作用

タダリスタは、シアリスと同じく、効果が長く持続する緩効性の薬です。 そのため、副作用のリスクが少ない薬の一つと言えます。 ただし、何らかの副作用が発生する場合もあります。

代表的な副作用としては、頭痛、発熱、消化不良などがあります。 大きな症状が出るケースはそれほど多くはありませんが、相性によってはアレルギーなどの症状に悩まされる方も多く、鼻づまりはかなりの頻度で起こるようです。

性行為に影響しない範囲内であれば問題はありませんが、万が一重篤な症状が出た場合、性行為そのものを巻き込むことが難しいケースも出てくると思います。 その場合は、市販されている薬と一緒に使っても問題ありません。

昔からの問題点は別として、頭痛薬を飲む必要はありませんが、下痢止めなどの薬を飲むこともできます。 ただ、症状によってはタダリスタ自体を服用できない人もいるので、その点は注意が必要です。

タダリスタの飲み方

タダリスタは、日本ではED治療薬のシリスとして承認されているジェネリック医薬品です。 薬の効果が出るまでに時間がかかるので、飲み方に注意が必要です。 まず、服用してから効果が出るまでには1時間程度かかりますので、薬が体内に吸収されるまでには時間がかかることを想定しておく必要があります。

逆に言えば、ある程度服用すれば食事やアルコールの影響を受けずに性行為を楽しむことができるという点で、即効性のあるED治療薬(バイアグラなど)とは違うメリットがあります。 ただし、食事の量が多く脂質を多く摂取すると効果が半減してしまうので、食事の大きさには気をつけましょう。

1日に摂取できる量の上限は20mgですが、日本人の体はそれよりも少ない種類なので、10mg摂取して効果がある人もいるようです。 いずれの場合も、継続して服用する場合は、1日1回1回の服用で24時間以上の間隔をあけて服用してください。