タダリスSXは、海外の大手製薬メーカーが製造するシアリスのジェネリック薬。
個人輸入では超定番の商品で、効き目が安定して値段がリーズナブルなのが特徴です。

下記の公式販売サイトでは、タダリスをまとめ買いすると1錠200円ほどで購入できます。
クリニック処方のシアリスは2,000円ほどするので約1/10の格安価格ですね。

ユーザーのレビューもたくさんあるので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

タダリスの格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

タダリスの特徴(通販 効果 公式)

タダリスSXは、有効成分タダラフィルを配合したED治療薬「シアリス」のジェネリック版で、ED治療薬の中では最長36時間の長持ちを実現しています。

2003年の発売以来、100以上の国・地域で使用が承認されている新薬「シアリス」は、1000万人以上の方に使用されており、世界で最も広く使用されているED治療薬です。 日本では、2007年に「ビア・グレイビトラ」に次いで開発された第3のED治療薬として承認され、5mg/10mg/20mgの3規格で販売されています。

金曜日の夜に服用すると、日曜日の朝まで効果が持続します。 週末の旅行などにも適したED治療薬です。 そのため、海外では「週末に飲むべき薬」という意味で「ウィークエンドピル」という愛称で呼ばれています。

2013年8月には世界シェアが42%に達し、世界で最も使用されているED治療薬となりました。

食事の影響なし

タダリスSXの有効成分であるタダラフィルは、従来のED治療薬の欠点を改善するために開発されました。 バイアグラは特に食事の影響を受けやすく、効果を十分に発揮するために食後に服用することはできません。

タダリスSXに含まれているタダラフィルであれば、食事のために800kcalまでであれば問題ないと言われています。 規則正しい食生活であれば、ほとんど問題ないと言っていいでしょう。

持続時間が長く副作用も少ない

タダリスSXの有効成分であるタダラフィルは、他のED治療薬に比べて吸収が遅いです。 そのため、体への負担が少なく、副作用も少ないと言われているので、バイアグラやレビトラの服用による副作用が気になる方にはおすすめの商品です。

タダリスの効果と有効成分

■有効性
ED改善
性交時に十分な勃起力を必要とする男性に効果的です。
タダリスSXの有効成分であるタダラフィルは、ペニスの一部への血流を改善して勃起を促す働きをします。 効果は36時間まで持続します。

タリスSXは強制的に勃起させるものではなく、性的覚醒時や刺激時にのみ使用します。

有効成分のタダラフィルはゆっくりと吸収され、勃起の原因となる酵素を抑制します。

有効成分タダラフィルを配合したタダリスSXは、勃起不全治療薬です。
ペニスの勃起を助け、血流を正常な状態に停滞させます。

タダリスの副作用

■主な副作用
頭痛、潮紅、ほてり、消化不良など
頭痛・発熱・潮紅については、服用することで血管拡張の状態になりますので、2~3時間後には薬の効果とともに症状が安定します。

頻度の低い症状ですが、発疹、じんましん、顔のふくらみ、角質性皮膚炎、StevensJohnson症候群などのアレルギーを起こすことがあります。
タリスSX服用後にこのような症状が現れた場合は、本剤の服用を中止し、適切な処置を行ってください。

■希少な副作用
ペニスの異常な勃起(突出)の症状を経験している患者さんはごくわずかです。
勃起が4時間以上続くこともあれば、6時間以上続く場合は、遅れると勃起機能が低下することもあります。
勃起が4時間以上続く場合は、すぐに主治医や内科・泌尿器科・専門クリニックを受診してください。

タダリスの飲み方

1回分
1錠または1/2錠(タダラフィル10mg

1日あたりの投与回数
1回まで

インターバル
二十四時間

取るタイミング
性交の1時間前

タダリスSXは性交の1時間前くらいにコップ1杯程度の水またはぬるま湯で服用してください。
ただ、タダラフィルの持つ効果を十分に実感するためには、3~4時間前に服用することをおすすめします。

大人の摂取量は1日最大1回とし、間に24時間以上空けるようにしましょう。

食事の影響について

タダリスSXの有効成分であるタダラフィルは、ED治療薬の中でも食事の影響を受けにくい薬です。

800kcal以内であれば、服用前のダイエットでも結果に影響はありません。
しかし、より良い結果を求めるのであれば、空腹時に服用することはないでしょう。
重い食事をしてしまうと、タリスSXの効果が十分に発揮されないことがあるので、摂りすぎには注意が必要です。

アルコール(お酒)

タダリスSX服用中はアルコールの摂取を避けてください。

アルコールとダポキセチンの組み合わせは、アルコールに伴う神経認知作用を高め、有害な神経性心疾患(失神など)の影響を増大させます。思わぬ誤作動のリスクを高めることができます。

眠気やめまいを起こしやすいので、服用中は運転や危険な機械の操作は避けてください。