シアリスは36時間の驚異的な持続時間のあるED治療薬。
食事やお酒の影響を受けにくく使いやすいことから、日本では最も人気のあるお薬です。

シアリスは泌尿器科などで処方してもらう必要がありますが、実はネット通販でも購入できます。

下記の公式サイトでは、最速かつ送料無料でシアリスを届けてくれます。
商品価格も非常にリーズナブルで、150件以上のユーザーレビューが掲載されています。

シアリスの格安通販サイト【最短・安心・送料無料】

 

 

 

 

 

 

シアリス(Cialis)とは?【通販 ショッパー】

シアリスの最大の特徴は、舌下錠タイプと呼ばれる形状が取りやすいことです。
通常のピルタイプのED治療薬は、服用時に水やぬるま湯を用意しておく必要があります。 そのため、外出先で服用したいときや、パートナーがED治療薬を服用していることを知られたくないときなど、不便な場面がたくさんあります。 シアリスの場合は、舌の下で溶かすだけで、チュアブル状のレメディを摂取することができます。 自然な甘みがあるので、噛んでも違和感なく飲み込むことができます。

シアリスは新しいタイプのED治療薬で、いつでもどこでも手軽に服用できるようになっています。

効果の持続時間は36時間で最長

シアル酸タブレット1回1錠の摂取効果は約36時間持続します。 バイアグラ-シルデナフィルに代表される有効成分の効果時間が約5~6時間、レビトラ-バルデナフィルに代表される有効成分の効果時間が約5~10時間であることに比べると、シアリスの36時間の効果時間は非常に長いです。

効果時間の長さという点では、海外は「ウィークエンドピル」という別名を持っているので、1回の服用で週末を過ごすことができます。 また、これまでED治療薬を服用していた方で、時間帯やサプリメントなどの入手に不安があり、性交前に効果が切れてしまった方にもおすすめです。

シアリスの服用間隔は24時間となっていますが、効果の持続時間が長いため、1日1/2~1錠を継続して服用することは推奨されていませんので注意が必要です。 48時間程度の間隔で服用するようにしましょう。 継続して服用する必要がある場合は、1/4錠程度に抑えることをお勧めします。

比較的副作用が出にくい

シアリスの有効成分であるタダラフィルは、ED治療薬の副作用として、視覚症状や心臓に関わる症状が出にくいのが特徴です。

タダラフィル主導のPDE阻害薬が作用するPDEには実は11のサブタイプがあり、陰茎海綿体の平滑筋を司るPDE5以外のサブタイプにもPDE阻害薬が作用し、副作用の原因となっています。

タダラフィルは、脳や心臓を司るPDE1、色覚や光の知覚を司るPDE6の阻害が比較的少ないのが特徴です。 つまり、動悸や視覚異常などの副作用のリスクが低いので、初めてED治療薬を服用する人にも安心して飲みやすい薬だと言えます。

シアリスの効果効能・作用機序

■有効性
ED改善

性交時の勃起不全や中折れに悩む男性に効果的です。
シアリスは有効成分タダラフィルの血管拡張作用によりペニスへの血流を促進し、強い勃起状態へと導きます。

シアリスは服用してから約1時間後に作用を開始し、3時間後には血液中の有効成分の最高濃度に達します。 そのため、最初から性交の1時間前に服用すると心強いです。

シアリスの副作用と注意点

■主な副作用
血圧低下、充血眼、発熱、動悸、鼻づまり、頭痛、のどの渇き、めまい、吐き気。
ほてりや動悸などの軽度の副作用症状は、シアリスの有効成分であるタダラフィルの血管拡張作用によって引き起こされます。 症状は時間の経過とともに消えていきますが、続く場合や悪化する場合は医師や薬剤師に相談してください。

■希な副作用
視力異常(光恐怖症)、ペニスの異常勃起
まれにですが、シアル酸植物の有効成分であるタダラフィルのPDE阻害作用により、視覚症状や勃起異常が起こることがあります。 放置すると様々な臓器に重篤な障害を引き起こす可能性がありますので、早急に医師の診察を受けてください。

シアリスの主成分タダラフィルとは?

タダラフィルのPDE阻害作用はゆっくりとしたもので、効果が長く持続します。
タダラフィルはシアリスの有効成分で、PDE阻害剤です。
通常、勃起状態には、陰茎海綿体の平滑筋を弛緩させ、血管を拡張させるために、グアニシン環状リン酸(CGMP)と呼ばれる物質が必要です。

この血管拡張作用により、ペニス内の血液を一気に排出し、硬い勃起状態を維持することができます。 しかし、ホスホジエステラーゼ(PDE)という酵素がcGMPを分解してしまうと、ペニスに血液がうまく流れず勃起しなくなってしまいます。
タダラフィルは、このPDEによるcGMPの分解を阻害し、ペニスへの血流を促進します。

シアリスの標準的な飲み方

■1回分
1錠(タダラフィル20mg)

■1日あたりの投与回数
1回まで

■インターバル
二十四時間

■取るタイミング
性交の1時間前

■服用時期について
シアリスの場合は、1日1回、性交の1時間前に舌の下で溶かしながらお召し上がりください。
1回分の最大投与量は1錠(タダラフィル20mg)で、服用開始時は1/4錠(タダラフィル5mg)を薬包丁などで割ってから服用を開始するとよいでしょう。 そして、症状に応じて適宜上限値まで上昇させることができる。

食事

シアリスは主成分が口の中で吸収されるため、ED治療における食事の影響を比較的受けにくい薬です。 そのため、食後に摂取することも可能です。 しかし、その一部は胃の裏からも吸収されるので、油分を多く含む食品を摂取すると吸収率が低下してしまいます。

シアリスを摂取する場合は、カロリーをコントロールするものに乗って食事をした方が効果的であっても、空腹時に行うようにしましょう。

アルコール(酒)

シアリス酸性化の有効成分であるタダラフィルとアルコールは、効力の面では医学的な相互作用はないと言われています。 しかし、過度の飲酒は性的刺激に対する感度を低下させ、EDそのものに悪影響を及ぼす可能性があります。

シアリスを服用している間は、アルコールの摂取も適度にコントロールする必要があります。