ジマトラは、イギリスで製造されているレビトラのジェネリック薬です。
日本語の説明書が用意されており、ED治療薬がはじめての人でも安心して服用できます。

ジマトラはコスパ抜群のジェネリックで、まとめ買いすれば1錠120円ほどで購入可能。
1錠2,000円ほどするレビトラの1/15以下の超激安価格ですね。

下記の公式サイトでは100件以上のレビューがあり、効果も強力だと評価されています。

ジマトラの格安販売サイト【通販プログラム】

 

 

 

 

 

 

ジマトラとは?(薬ロイヤル通販)

ジマトラはイギリスの製薬会社ギマ社が製造しているED治療薬で、レビトラのジェネリック版です。 パッケージの表示や説明書は販売国の言語に準拠しており、貿易説明書は日本語で読むことができます。

ジマトラはバイアグラ改変版のレビトラと同じ有効成分が配合されています。 即効性があり、持続性があり、副作用の少ないバランスの良いED治療薬なので、これからED治療を始める方や、レビトラと同じような効果をリーズナブルに得たい方におすすめです。

ジマトラの特徴

ジマトラの最大の特徴は、即効性の高さです。 ジマトラを服用して30分ほどで効果が現れ始めます。

現在、ED治療薬の主力はバイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)です。 これらは三大ED治療薬として知られています。ジマタラにはレビトラと同じバルデナフィルが有効成分として配合されており、3つの有効成分の中で最も速効性に優れています。

血液中の最高濃度の到達時間(Tmax(最大値))に基づいて、作用の即時発現までの時間を比較することができる。 バルデナフィルの最高濃度は1時間、タダラフィルの最高濃度は3時間、バルデナフィルの最高濃度は0. つまり、バルデナフィルを有効成分とするギマタラは、投与後1時間以内の有効発現率を有している。

世界初のED治療薬であるバイアグラの有効成分であるシルデナフィルの欠点は、効果が現れるまでの時間が長いことです。 バルデナフィルを有効成分とするギマタラは、デメリットを改善することで、より使いやすくなったED治療薬です。

服用後4~5時間は効果を持続させることができ、服用時間も簡単に測ることができます。

食べ物の影響を受けにくいメリット

ジマトラは即効性だけでなく、長持ちするのが特徴です。 ジマトラ(10mgバルデナフィル)1/2錠を服用すると4~5時間、ジマトラ(20mgバルデナフィル)1錠を服用すると5~8時間持続します。

即効性の発現の早さと一定期間の持続性のバランスが取れているので、性交期間を正確に見積もる必要はありません。

ジマトラはED治療薬であることは言うまでもありませんが、飲みたいときにすぐに服用しても夜まで効果が持続し、通常は使いやすい薬だと言えます。

海綿体平滑筋に強力な効果

また、ジマトラの有効成分であるバルデナフィルのもう一つの特徴は、ペニスの筋肉や血管に発現している酵素を中心に、特に強い作用を発揮することです。

勃起につながる陰茎の海綿体平滑筋をはじめ、脳、心臓、肝臓、筋肉、血管など様々な臓器にある加水分解酵素はホスホジエステラーゼ(PDE)と呼ばれています。 ヒトを含む哺乳類には11のアイソフォームがあり、そのうち海綿体平滑筋の弛緩と陰茎の勃起に関連するのがPDE5である。 一方、PDE5以外の強い阻害作用があれば、副作用症状として現れます。

バルデナフィルは、PDE5の他のアイソフォームに対してより強い阻害作用を示します。 これは、IC50と比較して、標的酵素の半分を阻害するために必要な有効成分の濃度を示唆することができる。 バルデナフィルの場合、IC50は0.14と非常に低い値となっています。 すなわち、ごく微量の濃度であっても、脳や心臓に発現するPDE1や眼の網膜に発現するPDE6への影響が少ないように、PDE5の阻害作用を十分に発揮することができるため、動悸や視覚症状などの症状が現れます。 副作用を抑えることができます。

ジマトラの効果

■有効性
ED改善
ジマトラはペニスへの血流を改善し、勃起不全を改善するED治療薬です。
バイアグラよりも作用の発現が早く、30分~1時間で効果が出て4~5時間持続します。

また、ジマトラには媚薬効果も多幸感もなく、外部からの性的刺激を受けて初めて勃起状態になります。 服用すると無意識に勃起してしまうというわけではありませんので、ご安心ください。

有効成分のバルデナフィルの働き

バルデナフィルには強力なPDE5阻害作用があり、ペニスへの血行を改善します。
ジマタラの有効成分であるバルデナフィルは、PDE阻害剤として知られているものです。

ペニスの勃起には通常、ペニスの海綿体筋を弛緩させ、血流を促進するグアノシン環状リン酸(CGMP)と呼ばれる物質が必要です。 しかし、この場合、ホスホジエステラーゼ(PDE)と呼ばれる酵素がこのcGMPを分解し、cGMPを勃起させる効果を超えてしまうと、勃起不全を起こすことがあります。

バルデナフィルはPDEのcGMPの分解をブロックすることでペニスへの血流を促進し、勃起状態に導きます。

ジマトラの副作用

■主な副作用
血圧低下、目の充血、発熱、動悸、鼻づまり、頭痛、のどの渇き、めまい、吐き気など。
ゼブラの有効成分による血管拡張作用により、目の充血や発熱、鼻づまりなどの軽微な副作用症状が出ることがあります。 ほとんどが一時的なもので、症状が長く続く場合は、一時的にジェマトリアの服用を中止し、医師や薬剤師に相談してください。

■希少な副作用
視力異常(光恐怖症)、ペニスの異常勃起
稀にですが、視覚的な症状や痛みを伴う長時間の勃起が起こることがあります。 これらの症状が長期間続くと、色覚、羞明、ペニスが著しく損なわれる可能性があるため、直ちに医師の診察を受ける必要があります。

ジマトラの飲み方・服用方法

1回分
1/2錠~1錠(バルデナフィル10~20mg

時間
性交30分前~1時間前
1日あたりの投与回数

投与間隔
二十四時間

取る時間について
1日1回1/2錠(バルデナフィル10mg)を水またはぬるま湯で服用してください。

有効成分であるバルデナフィルは即効性が高く、早い人であれば服用後15分程度で効果が現れます。 そのため、性行為の30分~1時間前に服用すれば、ED治療薬の効果は問題ありません。 再服用後は、次の服用まで24時間以上空けてください。

1/2錠を服用しても十分な効果が得られない場合は、1錠を1錠(バルデナフィル20mg)に増量することができます。 ただし、肝機能に異常のある人、65歳以上の人、ED治療薬を初めて服用する人は1回1/4錠(バルデナフィルとして5mg)を1回分から服用するようにしてください。 肝機能異常者及び65歳以上の高齢者には1/2錠(バルデナフィル10mg)を投与することが上限とされています。

ジマトラは食事やアルコールの影響を受けにくいED治療薬です。 ただし、脂肪分の多い食べ物やお酒を食べると効果が薄れてしまうことがあります。 食前・食後を問わず、飲むときはアルコールの摂取量をコントロールするようにして、空腹時に飲むとより効果的です。