サビトラ(Savitra)は、レビトラのジェネリック薬で最も人気の高い商品です。
効果が安定していることに加え、1錠110円ほどの格安で通販できるのが人気の理由ですね。

下記の公式販売サイトでは1,000件以上のレビューがあり、かなりの高評価となっています。
成分鑑定も実施済みで本物が保証されているため安心して通販できますよ(^^)

サビトラの格安通販サイト

 

 


 

 

 

サビトラとは?(クスリロイヤル 通販)

サビトラはインドのサバメディカ社が製造・販売しているレビトラのジェネリック版で、レビトラとよく似たオレンジ色の錠剤の形をしています。

EDとはErectile Dysfunctionの略で、「勃起機能の低下」を意味しますが、勃起不全という言葉でも「覚醒しても完全に勃起しない状態」「貫通するための硬さが不足している状態」「中折れ」「時々勃起しない」など、病気に分類されます。

ED治療薬は、脳が性的衝動を覚醒させた時に陰茎動脈への血流を遮断し、陰茎へのスムーズな血流を促進する「PDE5酵素」の作用をブロックします。
バイアグラはED治療薬として知られていますが、バイアグラの主成分であるシルデナフィルよりも、サビトラの主成分であるバルデナフィルの方がより強い勃起促進効果があると言われています。

サビトラの特徴

サビトラは服用後の効果のスピードと強さが特徴です。 バイアグラは服用してから1時間ほどで効果が出始めますが、空腹時には15分ほどで効果が出始め、どのED治療薬でも勃起をサポートする効果が最も強いと言われています。

日本ではサビトラの出発薬であるレビトラ(バイエル薬品)が承認され、バイアグラでは十分な効果が得られない中高年などに処方されるのが一般的です。

最強の呼び声高いED治療薬

EDは加齢とともに発症リスクが高まります。 特にテストステロンの分泌量が減り始める50代頃になると、勃起が不十分になったり、途中で縮んだりして射精に至らなくなります。

このように、加齢などの外的要因でテストステロンの分泌が減少し、脳が感知すると陰茎動脈に性的興奮を伝える物質「循環GMP(CGMP)」の作用が鈍くなり、cGMPを分解する酵素PDE5が優位になり、精神的ストレスが原因の「器質性ED」や「心因性ED」になってしまうのです。

ED治療薬とは、主に器質的なEDに対して治療効果があるものを指します。 ED治療薬の主成分はシルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)で、効果の強さや早さの順番はバルデナフィル>シルデナフィル>タダラフィルの順となっており、既存のED治療薬の中ではクライマックスのレビトラが最も強い効果を発揮します。 50歳を過ぎてからED傾向が出始めて、バイアグラを使っても十分な効果が得られないという人におすすめのED治療薬です。

リーズナブルな価格設定

サビトラは日本では認知されていない薬ですが、個人輸入代行メーカーのネット通販で購入することができます。 輸入時の市況など価格が不安定なのがデメリットですが、それでも1錠150円~200円程度で購入することができます。

一方、レビトラは日本ではED治療薬として正式に認められており、国産のレビトラを購入するには泌尿器科や男性専門クリニックなどの医療機関を受診する必要があります。 ED治療は保険が効かない自費診療なので、医療機関によって価格が異なるのですが、一番安いところでは1のタイプのバルデナフィル10mgがあります。 300円くらいかな。

レビトラのジェネリックは、日本ではまだバルデナフィルという薬の特許が切れていないので、まだ承認されていません。 そのため、日本でレヴィトラを購入するよりも安く購入することができます。

純正品であれば、レヴィトラと同じような効果・効能があるので、信頼できる個人輸入代行業者から購入すれば、ネットでの評価も高く、お得感も抜群です。

サビトラの効果効能

■有効性
ED改善
日本人に最も多いEDの症状は、いわゆる「中折れ」の症状と言われていて、性の発育期には消えてしまい、射精に至らないと言われています。

心因性EDではなく器質性EDと言われていますが、これは性的興奮や刺激によって勃起することが原因であり、器質性とは「原因が内臓や組織にある」という意味です。

サビトラには、この酵素の働きをブロックして勃起状態を維持する働きがあります。 サビトラの半減期は10mgで5時間程度ですが、20mgでは半減期が10時間を過ぎると再びPDE5が優位になり、勃起しにくくなります。

有効成分について

世界初のED治療薬の一つであるシルデナフィル(バイアグラ)は、元々は高血圧や狭心症発作の治療薬として開発されたものですが、サビトラの主成分であるバルデナフィルは、最初からED治療のために開発された成分です。

即効性や食事からの自立性は改善されますが、シルデナフィルと同様に心臓疾患のある人や現在高血圧に注意・治療中の人は注意が必要なので、購入する際には注意が必要です。

すでにレビトラやバイアグラを問題なく服用している人には、費用対効果の高いサビトラがおすすめの薬です。

サビトラの飲み方

1回分
1 錠または 1/2 錠(バルデナフィル10mgとして)

1日あたりの投与回数
1回まで

間隔
二十四時間

取るタイミング
性交30分前

サビトラの主成分であるバルデナフィルは水に溶けやすく、吸収されれば15分程度で効果が出始めます。 ただ、個人差があるので、性行為の30分前に飲むのが良いのではないでしょうか。

作用時間は10mgで約5時間、20mgで約7~10時間です。 しかし、配合量が多くなると効果や副作用が強くなります。 バルデナフィルの効果は短時間で消える!? すぐに効いてくるので、初めての方は10mgから始めてみてください。

食事の影響

また、シルデナフィル(バイアグラ)の改良版と言われているバルデナフィルのもう一つの理由は、「食事の影響を受けにくい」ということです。 しかし、完全に受け入れられないわけではありません。 バイエル薬品が開発した新薬「レヴィトラ」によると、「標準的な食事の影響を受けない」とのことですが、標準的な食事は普通の牛丼1杯、ハンバーグ1~2個(ビッグマック1個557kcal)。

アルコール(お酒)は大丈夫?

アルコールはほどほどにして問題ありませんが、20mgを服用している間は飲まない方が良いでしょう。 これは、バルデナフィルの血管拡張作用が高いためです。 また、体が薬に慣れていないと、最初は頭痛がしたり、お酒を飲むと頭痛がひどくなり、鼻が詰まるなどの副作用のリスクが高まります。
お酒を飲むなら、グラス1杯、ビール1杯、日本酒2杯にしておきましょう。