レビトラは、バイアグラの欠点を改良したED薬。
効果の強さと持続力はそのまま、食事やお酒の影響が抑えたれた人気No.1のED治療薬です。

日本では医師の診察が必須ですが、海外のレビトラ正規品ならネット通販で手軽に購入可能です。

下記の公式販売サイトでは成分鑑定済みのレビトラを格安で販売しています。
送料無料でまとめ買いもできますので、通販に興味のある方は一度のぞいてみてくださいね!

レビトラの海外公式通販サイト

 

 


 

 

 

レビトラ ジェネクリ 海外

レビトラは有効成分バルデナフィルを含むED治療薬です。

ドイツの大手製薬会社バイエルが製造しており、日本ではバイアグラに次ぐ厚生労働省の認可を受けています。 特徴としては、服用後、最短15分で効果が現れます。

レビトラの特徴とは?

レビトラの特徴として挙げられるのは、その効果の早さです。 服用後、最短15分で効果が現れます。 世界初のED治療薬であるバイアグラは約30分で効果を発揮し、60分で唾液の酸性化が作用することから、レビトラの効果が非常に早く表れることがわかります。

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、他のED治療薬の有効成分よりも水溶性の高い成分です。 体内に入ってから15分後には80%以上の成分が溶け出し、効果も出てきます。

レビトラは最短15分で効果を発揮するので、緊急時にも対応できます。 他のED治療薬は事前に計算した時間に服用する必要がありますが、レビトラは性行為の15分前に服用しても効果があるので、決められた時間に服用する必要がないED治療薬です。

食事の影響をかなり受けにくい

レビトラはバイアグラのデメリットを改善するED治療薬です。 バイアグラは世界中で使用されているED治療薬で、強力な勃起力が特徴ですが、ダイエットの影響を受けやすいのが難点です。

バイアグラは空腹時にしか服用しないと十分な効果が得られませんが、レビトラは食事の影響を受けず、エネルギーが700kcal、脂質が30%以下の方が効果を発揮します。

レビトラは食前や食後に服用する時間を選ばないことで、バイアグラの欠点を補ってくれるED治療薬です。

2番目に認可されたED治療薬

バイアグラはED治療薬の第一弾であり、その強力な効果で多くの男性を魅了しています。

しかし、バイアグラも万能薬ではありません。 バイアグラの長期使用に伴い、いくつかの不満な意見が出てきています。

この不満を解消するために着手したのが、ドイツの著名な製薬会社バイエルでした。 現在、レビトラの販売はバイエルが行っていますが、開発はバイエル、シェリングプラウ、グラクソ・スミスクラインの3社が行っています。

バイアグラの大きな欠点としては、服用前に食事をしてしまうと効果が損なわれてしまうことが挙げられます。 レビトラはこの弱点を解消するだけでなく、バイアグラよりも効果の高い薬の開発を目指しています。

約5年の臨床試験を経て、レビトラが販売されたことで、バイアグラよりも改善点を取り入れたED治療薬として多くの人に利用されています。

これはドイツやアメリカだけでなく、日本にも当てはまります。
2004年に販売されてからは、ED改善のためにバイアグラからレビトラに移行する人が続出しました。

レビトラは、日本を含む世界100カ国で使用されています。

レビトラの効果

有効性
ED改善
性行為中に十分な勃起力を必要とする男性に効果的です。

レビトラには有効成分バルデナフィルが含まれており、体内に素早く浸透し、EDの主な原因である酵素(PDE5)の働きを阻害し、骨折などのED症状を改善してくれます。

 

レビトラの効果は服用後約30分(最短15分)で気付き、5~10時間持続します。
大きさや体の大きさ、体調などによって効果や効能には個人差があります。

レビトラの副作用

主な副作用
頭痛、発熱、潮紅、鼻づまりなど
投与により血管が拡張した状態になっているため、薬の効果が高まると2~3時間後には症状が安定します。

患者さんは、光視症(失明、ぼやけ、緑内障)などの視覚障害やめまいを経験することがあります。
管理後一定期間は、運転、高所作業、機械操作等に配慮する。

本剤の服用後に急激な視力低下や視力低下が現れた場合は、服用を中止し、できるだけ早く眼科医の診察を受けるようにしてください。

まれな副作用
少数ですが、勃起異常(突出)が報告されています。
放置しておくと、機能が永久に損なわれたり、組織が損傷したりします。
勃起が4時間以上続く場合は、かかりつけの内科・泌尿器科・専門外来を受診してください。

有効成分「バルデナフィル」について

有効成分のバルデナフィルは、EDの原因となる酵素を阻害することで勃起を促進します。
レビトラの有効成分であるバルデナフィルはPDE5阻害薬に分類され、EDの直接的な原因となるPDE5の作用を阻害することで勃起機能を改善します。

バルデナフィルはPDE5の活性を阻害し、cGMPの分解を防ぎ、血管拡張状態を維持します。

水溶性の高い成分で、他のED治療薬に含まれている成分よりも体内に浸透しやすく、作用の発現が早いのが特徴です。

レビトラの飲み方・服用方法

1回分
1錠または2錠(バルデナフィル20mg)

1日あたりの投与回数
1回まで

インターバル
二十四時間

取るタイミング
性交の1時間前

1日1回、性行為の約1時間前にコップ1杯の水またはぬるま湯で。
食生活に影響されないので、食前や食後に摂取することができます。
レビトラは1日1回、服用間は24時間以上服用する必要があります。

食事の影響について

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、バイアグラとは違い、食事の影響を受けにくい成分であるという特徴があります。
そのため、食前や食後を気にせずに服用することができます。
しかし、影響がないとされる摂取カロリーの基準は700kcal以下とされています。

食べる量が多いと効果が出やすいので、摂りすぎには注意が必要です。

お酒(アルコール)との併用

少量のアルコールは一般的には問題ないとされていますが、お酒の弱い人が一緒に服用すると、レビトラの有効成分であるバレナフィルの血管拡張作用により、アルコールをひっくり返してしまう可能性があります。

適度な量のアルコールは精神安定効果によりED治療に効果がある場合がありますが、飲み過ぎには注意してください。