アナドリンの格安通販サイト

 

 

 

アナドリンを最安値で購入する方法(オオサカ堂)

アナドリンは、オキサンドロロンを有効成分とするアナボリックステロイドです。
ナチュラルに筋肉が付きやすくなり、細マッチョの体をつくるのに適した筋肉増強剤と言われています。

オキシポロンやメダナボルの方が筋肉増強効果は強いのですが、その分だけ副作用のリスクも大きいです。
また、いかにもステロイドでつくった筋肉に見えるといったデメリットもあります。

アナドリンは女性でも使えるほどマイルドなステロイドで、ナチュラルな筋肉増強効果が得られます。

下記の公式販売サイトでは、アナドリンの2本セットを4,900円ほどの格安価格で販売しています。
1錠あたり40円ほどで購入でき、送料無料で配送してくれます。

アナドリンについて400件以上のユーザーレビューがあり、効き目や飲み方など非常に参考になりますよ。

 

 

 

 

アナドリンの特徴とは?

アナドリンの有効成分「オキサンドロロン」は、性ホルモンを直接摂取するのではなく、体内でタンパク質の合成を促進する非ステロイド性ホルモンです。

その結果、テストステロンの準備で見られる強い副作用はありません。 当初は寝たきりや長時間の運動不足の人の筋肉量の減少を止めるために使用される薬なので、副作用のリスクが低いというメリットがあります。

モリモリの筋肉をつけたい男性には向いていませんが、自然と見栄えの良い筋肉増強効果が得られるので、女性にも使えるというメリットがあります。

薬理作用

アナドリンは、筋肉の原料となるタンパク質の肝臓での合成を促進する筋肉増強剤です。 直接アンドロゲンを使用する筋肉増強剤とは異なり、体内でのアンドロゲンの産生を促進し、女性の老化リスクを抑えながら効果的に筋肉を増強します。

アンドロゲン製剤は、女性が摂取した場合、声の嗄れ(嗄声)、声の肥厚、胸の小ささ、月経の停止などの強い副作用のリスクを抱えており、使用してはいけません。 しかし、アナドリンは体内でのアンドロゲンの産生を促進するので、女性の体内での筋肉量を増やす効果が期待できます。

ところで、なぜ男性に男性ホルモン製剤を使用すると女性化のリスクが高まると言われているのでしょうか?

アンドロゲンを直接投与することで、体内のアンドロゲン産生能力が低下し、アンドロゲンの血中濃度が急激に上昇し、制御できないアンドロゲンを抑えるために副腎皮質から分泌されるエストロゲンの量が増加することが原因と考えられています。

そのため、男性も筋肉増強剤の乱用は避けるべきですが、アナドリンのように、人が最初に持っている男性ホルモン産生能力の範囲内での薬理作用は男女ともに副作用がなく、優れた筋肉増強剤といえるでしょう。

増大効果

テストステロンは筋肉を発達させるために重要な役割を果たしています。 従来の筋増強剤は、アンドロゲンを直接摂取して血中のアンドロゲン濃度を高め、筋繊維を太くする効果がありましたが、提案されている「アナドリン」は、体内の筋肉の原料であるタンパク質の合成を促進する効果なので、筋増強効果の種類が異なります。

その結果、男性の精巣機能が刺激され、アンドロゲンを産生する能力が高まり、筋繊維が太くなります。

アンドロゲンを直接摂取するわけではないので、血中のアンドロゲン濃度の急上昇による副作用を抑えることができ、精巣機能が強化されることで男性機能の向上やペニスのサイズアップも期待できます。

また、アナドリンは女性でも使用できる筋肉増強剤ですが、定期的に摂取すると生理不順や嗄れなどの副作用のリスクがありますので、使用する場合は少量から始めてください。

成人の場合は1日0.25錠から2錠まで使用できますので、女性はピルカッターなどで1/4(0.25カプセル)の量から始めましょう。

アナドリンは筋肉増強剤ですが、元々は手術や医学的なダイエットプログラムで筋肉量の減少を抑制するための薬として使用されていたので、男性は小さな筋肉系、女性は少量でも効果的に筋肉をつけたい人向けの薬です。
一般的な筋肉増強剤はテストステロンサプリタイプのものがほとんどなので、女性には不向きな商品が多い中で、男性も女性も副作用が少ないので安心して導入できる筋肉増強剤です。

また、アナドリンの本来の効果・効能は「大手術後の補助的治療、慢性感染症、体重減少に伴う重度外傷後の補助的治療」や「骨粗鬆症」ですので、長時間の寝たきりの場合の体力回復や骨格強化にも効果があります。

アナドリンの効果効能

有効性
筋肉を増大する

体内のタンパク質の合成を促進し、筋肉量を増加させます。
アナドリンは肝臓に働きかけ、体内のタンパク質合成を促進して筋肉量を増やす効果があります。

テストステロンを直接摂取するよりも効果や副作用は穏やかで、女性でも摂取することができ、男性も使用することで筋肉増強効果や生殖機能の促進が期待できます。

筋肉増強剤の通常のステロイド シリーズは、男性が使用しても、状況に応じて、副作用のために肉の女性化のリスクを実行します。

しかし、アナドリンはステロイド系の筋力増強剤とは薬理が異なるため、そのようなリスクはありません。

副作用が少なく正しく服用すれば、男性では「ペニスの持続勃起」や「精巣機能障害」、女性では「月経不順」や「性欲低下」「嗄声」、男女ともに副作用として「肝機能障害」のリスクがありますので、用法用量を厳守して服用してください。

有効成分オキサンドロロンについて

アナドリンの主成分であるオキサンドロロンは、肝臓で筋肉を構成するタンパク質の合成を促進する成分です。

効果的に筋肉をつけるためにはタンパク質の摂取が欠かせませんので、タンパク質を多く含む食事を摂取してください。

また、骨粗鬆症の治療効果もあるため、カルシウムの排泄を抑制します。 実際に骨格筋を鍛えるのにも効果があるので、筋トレと一緒に摂取するのがおすすめです。

最初は低用量から始め、徐々に用量を増やしていくことで、副作用のリスクを減らすことができるかもしれません。 成人男性は2錠まで摂取できますが、これはアメリカ国内でのエビデンスなので、日本人の場合は1錠程度にとどめておくと良いでしょう。

アナドリンの飲み方・サイクル

推奨用量
2.5~2mg/日

最初は低用量から始めて、徐々に量を増やしていきましょう。

副作用の少ない薬ではありますが、完全に副作用がないわけではありません。 通常、成人は1日0.25~2錠を2~4回に分けて服用していますので、初めての方は1/8錠を2回に分けて服用するところから始めてください。

胃腸に負担がかかる可能性があるので、食後にコップ1杯以上の水で飲んだり、そのような間食をしたりしてください。