ウィンゾロンの格安通販サイト

 

 

 

ウィンゾロンを最安値で購入する方法(オオサカ堂)

ウィンゾロンはフィリピンのロイド・ラボラトリーズによって製造されているアナボリックステロイドです。ロイド・ラボラトリーズは1989 年に設立され、EDA (米国食品医薬品局) の厳しい基準を満たす製品を生産している大手製薬会社です。

ウィンゾロンは大きな筋肉増強効果があるというよりは、「脂肪を減らしながら筋肉を維持する」ことに適し、その分だけ副作用も少なくなっています。 海外では多くの女性ボディビルダーが使用しており、スリムな体を目指している男性にもおすすめです。

下記の公式販売サイトで、ウィンゾロン2本セットを6,300円ほどで販売中。
1本150錠入りのため、1錠20円ほどの激安価格で購入できます。

400件以上のカスタマーレビューがあり、飲み方や効き目など非常に参考になります。

 

 

 

 

ウィンゾロンの特徴とは?

ウィンゾロンの特徴は、男性よりも女性が使用した方が筋肉増強が起こりやすいということです。 とはいえ、あくまでも筋肥大の男性を対象としたものであり、ダイエットなどの筋肉維持のために使用しても効果は十分に証明されています。

筋肉を維持しながら脂肪を減らす

ウィンゾロンの有効成分であるスタノゾロールは、筋肉を維持しながら脂肪を下げるのに適したステロイドです。 ボディビルダーが脂肪を減らす「カッティング」のために使うことはよく知られていますが、ダイエットや減量のために使うことが増えています。

マウスを用いた英国の研究では、スタノゾロールを投与した雌マウスに筋肉量とタンパク質合成の増強が確認されています。 また、コルチコステロン系薬剤を投与した雄雌マウスにおいて、スタノゾールの使用により筋肉の分解が抑制されることを見出した。

つまり、ダイエットなどの減量中にスタノゾロールを服用すれば、筋肉の脱落を防ぐ効果が期待できます。

筋肉を簡単につけたい女性にもおすすめ

英国の研究では、スタノゾロールを投与された雌マウスでは筋力増強が観察されたが、雄では観察されなかった。 つまり、男性の場合は、筋肥大を目的としてスタノゾルを使用するのではなく、減量時のボディカットの引き締めや、筋肉の破壊によるケガを防ぐ目的で使用することが推奨されています。

一方、雌マウスでは筋肉増強効果が認められた。 ヒドロモルフォンを有効成分とするスタノゾルを使用している女性は、体重を落としながら筋肉を維持できるだけでなく、効率的な筋肉増強効果も期待できます。

ウィンゾロンの効果効能

有効性
筋肉増強

体内のたんぱく質の合成を促進し、筋肉を増やします。

ウィンゾロンは、脂肪を落としながら筋肉を維持したい人や、効率よく筋肉を増やしたい女性におすすめのステロイドです。 有効成分のスタノゾロールは、同じ薬に比べて副作用が少ないと言われています。

男性の場合、筋肉増強効果は弱いと言われていますが、筋肉を維持しながら体重を落とすのに適した薬なので、ダイエットなどの減量には重宝します。

有効成分スタノゾロールについて

スタノゾロールは脂肪を得ないで維持するか、または筋肉を造ります
ウィンゾロンに含まれる有効成分は、蛋白同化ステロイドの一種であるスタノゾロールです。 スタノゾロールは体内のタンパク質の合成を促進し、脂肪を増やさずに効果的に筋肉をつける効果があります。

スタノゾロールは病院でも使用されている薬で、筋肉増強効果があり、結果が出るのが早いのが特徴です。 筋肉増強剤の特徴である「男性化」と呼ばれる副作用を実感しにくいことから、女性アスリートからも支持されているのが特徴です。

筋力トレーニングをしながらの摂取は、筋肉をつけることを目標にしている人だけでなく、筋力アップや代謝を上げて希望の体型を目指すことで高い効果が期待できるとされています。

ウィンゾロンの副作用

ウィンゾロンの有効成分であるスタノゾロールは副作用が少ないと言われていますが、スタノゾロールのようなステロイドホルモンは男性ホルモンの自発的な分泌機能を低下させてしまう可能性があります。 その結果、長期的に使用することで男性機能が低下し、中でもEDになる可能性があります。

スタノゾロールのサイクルが終わった後、短期間でテストステロンの産生機能を回復させるために、数週間、医療用医薬品のブラックメディウム(クロミフェン)を服用して、テストステロンを元の値に戻すことが推奨されています。

また、長期使用すると肝臓に負担がかかり、肝障害を引き起こす可能性も否定できません。 シリマリンやウルソデオキシコール酸などの肝臓保護効果のある成分を摂取しながら対策をした方が良いでしょう。

ウィンゾロンの飲み方・サイクル

服用方法
1回1錠(スタノゾロール10mgとして)

1日あたりの投与回数
3回

インターバル
3~4時間の間隔

■服用上の注意
ウィンゾロンの効果は摂取後3~4時間程度で減少しますので、一度に3回分を服用することは避け、数回に分けて服用してください。 1日の上限は50mgです。

また、ウィンゾロンを3週間以上服用することは禁止されているので、長期間服用しないようにしましょう。 ドーピング禁止薬物に指定されているため、スポーツ選手は注意が必要です。