クロミッドの格安通販サイト

 

 

 

クロミッドを最安値で購入できる通販サイト(オオサカ堂)

クロミッドは、本来は不妊治療のために使われるお薬ですが、アナボリックステロイドのサイクル終了後のケア剤としても最近はよく使われます。
アナボリックステロイドを使用すると男性機能が一時的に低下し、それを急速に回復させるためにクロミッドが使用されます。

クロミッドのようなケア剤なしにステロイドを使うと副作用が長引く恐れがあるため、必ず購入するよう推奨されています。

クロミッドは海外から個人輸入でき、下記の公式販売サイトでは格安購入できます。
3箱セットが3,300円ほどで販売されており、1錠あたり100円ほどでリーズナブルです。

他の個人輸入代行サイトよりも早く届き、送料無料なので安心して注文できます。

500件以上のユーザーレビューがあり、アナボリックステロイドのケア剤として使っている人のレビューも多数あります。
ケア剤として使用する場合はレビューもぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

 

クロミッドの特徴とは

女性のサイクルは、脳幹と呼ばれる自律神経器官の一部によってコントロールされています。 排卵障害は、視床下部の排卵ホルモンFSH(排卵刺激ホルモン)の産生機能の低下が原因です。

クロメン(クロミッド)は、視床下部に作用してFSHの産生を促進し、排卵しやすくする薬です。

「クロメン」(Klomen)は外国産のジェネリック排卵誘発剤「クロミッド」のジェネリック医薬品です。 女性の排卵障害による不妊治療に処方されます。

クエン酸クロミフェンは、排卵機能障害が発見された時に男性不妊に使用できる成分です。 しかし、男性不妊の場合、排卵誘発剤の処方は保険適用外の治療なので、全額自己負担になります。クロミッドを保険で処方された場合でも3割負担、ネット通販で購入した方が安いので、排卵誘発剤を使用する際は医師に相談することをおすすめします。

保険適用外の不妊治療では、自費診療と保険診療が混在している場合もありますが、自費診療と保険診療が混在してNGになるケースも少なくありません。

不妊治療における「タイミング療法」

受精のタイミングはとてもデリケートで難しく、20代の女性はホルモンの状態が一番安定しているので妊娠に適しています。

「タイミング療法」とは、医師の指導のもと、基礎体温や受精に最適な時期を測定し、受精の確率を高めることです。

ただし、女性や男性の生殖機能に異常がある場合は、薬を使用します。 その時に使用されていた薬の一つが「クロモグラニン」と呼ばれる新薬の排卵誘発剤です。

排卵誘発剤は、女性が排卵障害を持っている場合、月経の初めに投与されます。 排卵誘発剤が効かないときだけ、CGという薬を注射して強制的に排卵させました。

このようなタイミング療法で女性側の不妊をコントロールするには根気が必要ですが、自然妊娠に最も近い状態で受精できる治療法なので、最も好まれる不妊治療法です。

クロメン(クロミッド)は黄体化ホルモンを与える薬で、エストロゲンの作用を抑制して排卵を促すことで、受精をより確実なものにしてくれます。

男性不妊の治療にも効果が期待

これまで「不妊」は女性の問題とされてきましたが、最近の調査では男性と女性の不妊の割合が1:1となっており、原因の半分は男性不妊であることがわかってきました。

男性不妊の原因もいろいろありますが、最も多いのは器質性不妊(生殖器の病的疾患による不妊)で、精子の数が不足していることが原因で起こる「オリゴ精子症」や「精子症」などがあります。

日本では一般的ではありませんが、欧米ではオリゴ精子症や精子症にクロミッドを投与するクロミフェン法という治療法が確立されています。

精子はアンドロゲンという、性的刺激に反応して活性化する物質の作用で作られますが、何らかの理由で男性ホルモンの分泌が減ると、オリゴ精子症や精子症を起こしやすくなります。「クロミフェン法」とは、女性ホルモンであるエストロゲンのフィードバックを阻害するために、男性にゴナドトロピンを投与して精子の数を増やし、精子の運動性を刺激する治療法です。

そのため、男性には自由診療の「クロミフェン製剤」もありますので、クロミッドと比較すると「クロメン」の方が安く、同じような効果があるのでおすすめです。

クロミッドの効果効能

有効性
更年期障害
排卵障害や精子の機能不全による不妊症

クロミッドは排卵を誘発する薬です。 不妊治療の「時限療法」で、排卵機能障害や男性の乏精子症や精子症の診断に用いられます。

 

国内の不妊治療では、女性の排卵障害が判明した場合、最初にクロミッドという薬が使われますが、他の自由診療の不妊治療との併用が難しいため、安価な海外製の「クロモグラニン」という薬が使われることもあります。

この薬は、エストロゲン過剰による更年期障害(乳房疾患など)や男性不妊症(オリゴ精子症、精子症)にも使用されます。

有効成分「クエン酸クロミフェン」について

クエン酸クロミフェンは視床下部に作用し、排卵がスムーズに行われないFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌を促し、不妊症や更年期障害の原因となります。

一方、この成分は男性にも効果があり、海外では男性不妊治療にも使われています。

副腎皮質にも性ホルモンが分泌されており、女性ホルモンであるエストロゲンの量が増えると、男性ホルモンの量が減って活動が弱くなり、男性不妊の原因になります。

また、クエン酸クロミフェンは比較的副作用の少ないホルモン剤なので、不妊治療や更年期障害治療にも取り入れやすい成分です。

クロミッドの飲み方・服用方法

服用方法
1回分
1~2カプセル

1日の服用回数
1回

妊娠とは、エストロゲンによって作られた卵子が卵巣から排出され、受精し、受精卵が子宮に落ち着くことです。

未受精卵が強制的に新しい卵子を産み出している間に、成長した卵子が排出されると黄体化ホルモンの量が増え、視床下部から卵胞刺激ホルモンFSHが分泌されます。

クロミッドは、FSHから分泌される黄体化ホルモンを補い、スムーズな排卵を可能にする薬です。