フィンサバは、プロペシアやフィンペシアと同等の効果が期待できる、低価格で購入できるジェネリック医薬品です。信頼のおけるSAVA社が製造しているので、初めてフィナステリド内服薬を使用する方でも安心してご利用いただけます。

現在、前頭部の発毛や頭頂部・前頭部の薄毛が認められており、このフィナステリド成分はAGA(男性型脱毛症)の治療に使われています。また、このフィナステリド成分は、AGA(男性型脱毛症)の治療にも使われています。また、皮脂の分泌量を減少させる作用や 皮脂腺の過剰分泌の原因であるジヒドロテストステロンを抑制することで、症状を緩和・改善します。

服用期間は、男性型脱毛症の約90%程度にとどまります。”本製品の主な市場は発展途上国であるため、男性型脱毛症にもかかわらず、数ヶ月単位で服用して効果を実感し始める軟膏と併用することはできません。そのため、飲み続けることによるコストを考慮しています。フィンサバはプロペシアのジェネリック医薬品であり、5αリダクターゼII型の人が多く、有効成分でありながら安価な薬だからこそ、このような市場拡大が可能になっています。

フィンサバの有効成分であるフィナステリドは、男性の体内で生成される物質であるDHTの働きを抑制します。フィンサバの同成分であるフィナステリドは、本来は前立腺肥大症の治療薬であるプロペシアのジェネリック医療品です。特に、男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変化させる作用があります。実際、患者全体の27%が10代・20代の若者で、DHTの産生が抑制されているかどうかを判断するため、他の脱毛には使用できないため効果が期待できます。また、睡眠不足は肌の敏感さを推し量る可能性がありますので、使用することをお勧めします。頭皮対策として、ノンシリコンシャンプーなど、蒸れない帽子を使用しても特に意味はなく、フィナステリドを使うことが推奨されています。

2005年から使用されているAGA、男性型脱毛症の治療薬として一般的に使用されているプロペシアの機能を阻害することで、その費用はわずか5%程度です。フィンサバを2年、3年と使い続ければ、効果をさらに損ねることなくコストを抑えられるというメリットがあります。DHTによる薄毛は薬をきちんと守れば99%改善される病気です。