ミノマイシンは、皮膚や粘膜に感染する病原性細菌を殺菌する抗生物質です。 そのため、STDやニキビなどの治療に効果を発揮します。

特に泌尿器科や性病科ではクラミジア、梅毒、淋病などの治療に用いられますが、皮膚科ではアシネトバクターの異常繁殖により再発したニキビの治療に処方されます。

日本の法律では内服用の抗生物質成分は一般薬(市販薬)との併用はできないとされていますので、クラミジアなどのSTD対策として常備しておくことをお勧めします。
服用する際は、症状が消えるまで服用してください。 ただし、数ヶ月経っても症状が残る場合のみ、主治医に相談してください。

ミノマイシンは、送料無料のネット通販で購入できます。

ミノマイシンの格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

ミノマイシンの効果

人によっては、服用後に胃もたれや吐き気などの消化器症状や、頭痛やめまいなどの神経症状が出ることがあります。

副作用が軽い場合は服用を続けますが、症状がひどい場合は一時的に服用を中止し、医師に相談してください。

また、アナフィラキシー(ミノサイクリンアレルギー)は、全身の発赤、じんましん、呼吸困難、嗄声、手足のしびれ、脈が弱いなどの全身症状を引き起こす稀に見る重篤な副作用です。 発生頻度は極めて低いが、アナフィラキシーが疑われる症状が現れた場合には、直ちに医師の診察を受けること。

過去に抗生物質を服用したことがある人がアレルギーの原因になっていたり、13歳以下の子供が服用してはいけません。

副作用について

人によっては、服用後に胃もたれや吐き気などの消化器症状や、頭痛やめまいなどの神経症状が出ることがあります。

副作用が軽い場合は服用を続けますが、症状がひどい場合は一時的に服用を中止し、医師に相談してください。

また、アナフィラキシー(ミノサイクリンアレルギー)は、全身の発赤、じんましん、呼吸困難、嗄声、手足のしびれ、脈が弱いなどの全身症状を引き起こす稀に見る重篤な副作用です。 発生頻度は極めて低いが、アナフィラキシーが疑われる症状が現れた場合には、直ちに医師の診察を受けること。

過去に抗生物質を服用したことがある人がアレルギーの原因になっていたり、13歳以下の子供が服用してはいけません。

ミノマイシンについて(通販ノワール)

クラミジアは性病の一種で、性行為をしている男性から女性の膣や子宮頸部に感染して炎症を起こす。

男女ともに一般的な症状としては、性器痛、排尿痛、性交痛などがありますが、主に女性に発症し、急性増悪時には「膣」の量が増えて色やにおいが強くなり、出血や発熱を伴うこともあります。

必ず発症するわけではありませんが、発症したとしても、ちょっとした違和感で無視していたり、無意識のうちに生活していると、そのように慢性化してしまうと、不妊や流産の原因となるリスクが高まります。

クラミジア・トラコマティスはクラミジア・トラコマティスの一種で、感染が間に合わないと子宮や卵巣、直腸、尿道にも炎症を広げてしまいます。

泌尿器科や性病科では、クラミジア、梅毒、淋病などの多種多様な性病病原体に敏感なミノマイシンが処方されますが、デボンはそのミノマイシンのインド製ジェネリックです。

日本では経口抗生物質からジェネリック(市販薬)への切り替えは認められていないので、ネットで購入しておけばいざという時に便利な薬です。

性器の痛みや性交時の痛みなど、性病が疑われる意識的な症状がある場合は早めに服用しましょう。

病気の種類によって飲み方が異なり、通常はベースラインとして1週間服用し、その後症状が改善したら中止します。

作用時間が長いので、1日1錠で十分な効果が得られます。
ディバインは、病原菌のタンパク質を破壊する抗生物質です。 作用時間が長いので、1日1回の服用でも効果は十分に発揮されます。
ただ、病気によって服用期間が異なるので注意が必要です。

初回はミノサイクリン100~200mg(STD 200mg)、翌日は1日100mgを投与します。
ティフィンにはミノサイクリン50mgと100mgがありますので、用量を調整しながら服用してください。

効果の発現は服用後1週間~10日後です。 その後、症状が消えるまで服用し、使用した薄いシートに余分な錠剤があればその部分を服用します。

長期間定期的に服用しなかったり、長期間服用しなかったりすると、薬剤耐性菌を発症するリスクがあるので、使用上の注意事項を守って正しく服用するようにしましょう。
取り忘れた時のために、気がついた時に取りましょう。 ただし、2回同時に服用することは避けてください。

ディバンは、インドの大手製薬会社ポプラ社が開発した抗生物質ミノマイシンのジェネリック医薬品です。
原薬のミノマイシンは、様々な細菌感染症の治療に用いられるテトラサイクリン系抗生物質で、手元に置いておくと緊急時に役立ちます。
デバインは日本では医薬品として認められていませんが、ネット通販で購入することができます。
最初の薬であるミノマイシンは、多くの病原性細菌によく効く優れた薬で、様々な相談科で処方されています。 また、効果が長時間持続するので服用しやすく、1日で1錠服用することで十分な効果を発揮することができます。