サワシリンはペニシリン系抗生物質で、様々な細菌に使用されています。 日本で販売されている優れた医療用医薬品と同じ有効成分「アモキシシリン」を配合しています。

細菌の細胞壁合成を防ぎ、除菌を促進する薬です。 病原菌を排除すれば、発熱や痛みなどのつらい症状も治まります。 また、ペールスピロケイト(梅毒の原因となる細菌)にも効果があり、安全性が高いです。

症状に気づいた段階で早めに服用を開始することが大切で、1日3~4回の服用ですが、雑菌がなくなるまで指定された期間服用を続けることが大切です。

サワシリンと同一成分配合のジェネリックは、ネット通販で格安で購入できます。

サワシリン(アモキシルジェネリック)の格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

サワシリンの特徴(購入くすりロイヤル)

アモキシシリンは広範囲の細菌に対して除菌効果があり、性病から胃腸炎、細菌性風邪まで様々な疾患に使用されているのが特徴です。 消化器内科、泌尿器科、歯科、皮膚科、一般内科など幅広い分野で処方されます。 また、ペニシリンクラスの抗生物質はアレルギーを起こしにくいので、経験を積んで使うと心強い抗生物質です。

比較的アレルギー性のない薬

サワシリンはペニシリン系抗生物質に分類され、薬物アレルギーの共通力価群として知られています。 体内に吸収された抗生物質は、体内で何らかの反応を起こし、時には発疹や下痢、ショックなどのアレルギー反応を起こすこともあります。 その中でもアモキシシリンは、このようなアレルギーを起こしにくい薬です。 安心してお使いいただけます。

最も多い副作用は下痢と発疹です。 重篤な副作用は稀ですが、服用後に普段と異なる症状が現れた場合は使用を中止し、異常が改善されない場合は医師の診察を受けてください。

梅毒に関しては、特に梅毒胞子を高確率で除菌することができるため、梅毒の治療薬としても選ばれています。

アモキシシリンの服用方法

1回分
梅毒等:1カプセル(「アモキシシリン」500mgとして
H.ピロリ菌感染症1.5カプセル(「アモキシシリン」750mgとして

1日あたりの投与回数
梅毒など:3~4回
ヘリコバクター・ピロリ菌感染症:2回
投与期間
梅毒第1期:2~4週間
梅毒のステージ2:4~8週間
ヘリコバクター・ピロリ菌感染症:7日間

アモキシシリンは1日3~4回、数週間服用します。

アモキシシリンは梅毒やヘリコバクター・ピロリ以外の感染症の本家では1日1回500mg3~4回服用することになっています。 投与間隔は4時間以上あけてください。 梅毒第1期には2~4週間、梅毒第2期には4~8週間、H.ピロリ菌には750mgを1日2回、7日間服用します。 ヘリコバクター・ピロリに使用する場合は、クラリスロマイシンやプロトンポンプ阻害剤が推奨されています。

アモキシシリンの有効性

有効性:梅毒、淋病、ヘリコバクター・ピロリ感染症、扁桃腺炎、乳腺炎、前立腺炎、歯周組織感染症、リンパ節炎、皮膚感染症、咽頭炎、喉頭炎など。

アモキシシリンはペニシリン系の抗生物質で、様々な疾患に適応があります。 淋病による淋病、パレオミクロン・スピロキテスによる梅毒、ブドウ球菌や連鎖球菌による肺炎などの感染症によく使われます。 梅毒の場合は、発症後早い間隔で服用しないと服用期間が短くなります。

アモキシシリンの有効成分について

有効成分であるアモキシシリンは、細菌細胞の増殖を抑制します。
本剤は、有効成分アモキシシリンが細菌の増殖を抑え、感染症の症状を改善する薬です。 細菌が生き延びるためには、それぞれの細胞が細胞壁で覆われていなければなりません。 細胞壁がないと、細菌は形を保つことができず、死滅してしまいます。

アモキシシリンは細胞壁の合成を妨げ、抗菌効果を発揮します。 ペニシリン結合蛋白質は細胞壁を形作るために D-アラニル-D-アラニンに結合し、アモキシシリンは次に細胞壁の形成および細菌の死に導くペニシリン結合蛋白質に結合するために D-アラニル-D-アラニンを取り替えます。