バルトレックスは、単純ヘルペスウイルスが増殖する際に、単純ヘルペスウイルスに関連するDNAポリメラーゼの作用を阻害し、性器ヘルペスや口唇ヘルペス、水痘、帯状疱疹などのウイルスからの感染症の改善・再発を抑制することを特徴としています。

単純ヘルペス感染症は再発のリスクが高いので、常備薬としてもおすすめです。

ルトレックスは、送料無料のネット通販だと格安価格で購入できます。

バルトレックスの格安ネット通販サイト

 

 

 

 

 

 

バルトレックスの効果について

単純ヘルペス感染症、性器ヘルペス(再発抑制)、口腔ヘルペス、帯状疱疹、水痘
日本人の8割近くが単純ヘルペスウイルスに感染していると言われています。 しかし、免疫力が正常であれば、血球が感染して反響を起こすこともあり、目に見える症状はありません。

しかし、性行為などで粘膜が傷つくと、傷口が感染してSTD(性感染症)になり、腫れや痛み、複数の水ぶくれなどの症状が現れます。 単純ヘルペス感染症は、発症部位によって性器ヘルペス、口腔ヘルペス、帯状疱疹と呼ばれています。

炎症が治まれば症状も自然と安定してきますが、これは完治ではなく一回限りの寛解状態です。 風邪やインフルエンザなどの感染症は、疲労やストレスで免疫力が低下していると再発することがあります。 また、バルシクロビルは単純ヘルペス感染症の再発防止にも最適な薬です。

バルトレックスの飲み方

1回分
1 錠又は 1/2 錠(「有効成分名」として 500mg~1,000mg
1日あたりの投与回数
1~3回まで

インターバル
6~8時間ごとに
症状によって服用する量が異なる場合があります。 口唇ヘルペス・性器ヘルペスに500mgを1日2回、水痘・帯状疱疹に1,000mgを1日3回、ヘルペスの再発抑制に500mgを1日1回服用します。

水痘は小さな水疱があちこちにできる病気で、帯状疱疹は水痘が集合した状態です。 単純ヘルペス感染症の中で最も重症で、激しい痛みと発熱を伴って発症します。

バルトレックスの特徴(クスリロイヤル 通販)

バルトレックスは、単純ヘルペスの様々な症状に効果を発揮する抗ウイルス薬の医薬品です。
カマグラなどではポプラインドとしてもお馴染みの製造です。 インドは世界有数のジェネリック大国であり、国境なき医師団に多くの医薬品を供給しており、高品質のジェネリック医薬品を安価に提供しています。

しかし、バシビル自体は国内では認知されていない薬なので、個人輸入代行業者が運営している通販サイトを利用して手に入れることが大切です。 これは完全に合法的な手段なので問題ありません。 日本人は単純ヘルペスウイルス保菌者が約80%と言われています。 また、性器ヘルペスなどの性病(性感染症)を発症したり、リスキーな性交渉をすることになるので、誰にも知られたくない時にはとても便利です。

食事に関係なく摂取

刺激が少なく、食事を気にせずに直接摂取することができます。
胃粘膜を破壊する副作用のある抗生物質はたくさんありますが、バロシクロビルは低刺激で食事なしでも服用できます。

ただ、服用時にはいつもより多めの水を飲むようにしてください。 また、副作用としてめまいや震えがありますので、服用中の高所作業や運転は避けてください。

症状や体調に合わせて1日500mg~3,000mgを服用し、飲み忘れた場合は気がついたらすぐに1回分を服用してください。 ただし、2回分を同時に服用することはできません。 抗生物質を飲み忘れると耐性菌のリスクがありますので、決められた用法・用量を守り、厳守して服用してください。

単純ヘルペスを完全に除菌するのは難しいだけなので、症状が安定したら再度検査を受けましょう。 この時点で、誰にも知られたくない場合は、ホームスクリーニングキットを利用しましょう。

副作用が少ない

抗生物質には消化器症状やめまい、頭痛、意識低下などの副作用があることが一般的に懸念されていますが、バロシクロビルは特定の酵素にしか反応しない薬なので、副作用が出にくいというメリットがあります。

しかし、上記のように副作用が全くないというわけではないので、注意が必要です。 副作用が疑われる症状や黄疸、けいれんエピソードなどが出た場合は服用を中止して医師に相談しましょう。

内服薬の抗生物質は、通常の薬局では購入できません。 医師の診断を受けた後、院外調剤薬局で購入する必要があります。 しかし、性器ヘルペスや口唇ヘルペスはSTD(性感染症)の中でも特に多く発生しますが、医療機関に送られることもありますし、感染を広げる危険性もありますので、バルセビルなどのネット通販で購入できる薬は常備しておくことをお勧めします。

ジェネリックだから安い

バルトレックスの特許薬であるバクトリメックスは日本でも承認薬であり、国内のジェネリック医薬品も承認されていますが、医療用医薬品として承認されているため、市販薬ではありません。 診察を受けて処方箋を出し、院外処方箋薬局で薬を購入するという流れになります。 単純ヘルペス感染症の治療は、健康保険が適用される保険診療の訪問診療なので、新薬であっても3割負担で購入することができます。

しかし、性器ヘルペスや口唇ヘルペスなどの性感染症(STD)は、羞恥心をチェックせずに感染を拡大させてしまう非常に危険な病気です。 特に単純ヘルペスウイルスによる性病は、大きな症状が出ない限り、放っておいても一時的に症状が消えるので、放っておいても楽になります。

しかし、症状が消えても一回限りの寛解状態なので完全に治るわけではなく、再発するという特徴があります。 その時にいつも安い外国製のジェネリック医薬品を持っていれば、誰でも治療を実施することができます。

認知されていない薬を輸入する必要があるため、個人輸入代行業者によって価格に差があり、バロシクロビル12錠500mgで2,000円前後、1,000mgで3,000円前後が相場となっています。

有効成分

主成分のヴァラシクロビルは、アシクロビル(商品名)の改良版として知られる抗ウイルス成分です。 改善のポイントは、単純ヘルペスウイルスの増殖に使われるDNAを複製するための酵素の働きを高確率で阻害するために、吸収後にバリンと呼ばれるアミノ酸に結合して副作用を軽減することです。 あなたができることはここにあります。

胃粘膜への刺激も少なく、食後にも服用することに固執する必要がないので、その点からも良い薬ですが、飲み忘れを防ぐためには、良いタイミングを決めてから服用するのが良いでしょう。

また、症状によって用量が異なりますので、購入した通販サイトに掲載されている添付文書や注意事項をよく読んで正しく服用してください。