クラビットは、有効成分レボフロキサシンを含む細菌感染症の治療に非常に有効な経口剤の一つです。 クラミジアや淋病などの性病を治療する薬ですが、他にも様々な感染症を治療できる優れた特徴を持っています。

また、即効性もあるので、服用してから早い段階で有効成分が病変部に移行するので、早ければ数日で効果を実感することができます。

クラビットのジェネリックは、送料無料のネット通販で購入できます。

クラビットの格安通販サイト

 

 

 

 

 

 

クラビットの特徴(通販 グランパ)

クラビットは、有効成分レボフロキサシンを含有するニューキノロン系経口抗菌薬の一つです。 レボフロキサシンは、細菌核酸(DNA)の増殖作用を抑制し、殺菌作用と抗菌作用の両方の作用を持つため、病気の初期段階で服用することで症状の悪化を防ぎ、治療に取り組むことができます。 性病の一つであるクラミジアについては、クラミジア以外の感染症の広い範囲の治療に非常に効果的なClavulan 250 mgが処方の多くを占めています。

クラビット 1日1回の服用で効果が期待でき、食前・食後や寝る前の服用については特に時間の指定はありません。 生活サイクルに合わせて摂取することができるので、飲み忘れ防止の効果が期待できます。

また、有効成分レボフロキサシンが属するニューキノロン系抗生物質は、体への影響を最小限に抑えることができ、全身の症状に良い効果を発揮するとともに、副作用が出にくいという優れた特徴を持っています。 このように、クロピドは抗生物質として多くのメリットがありますが、安全性も高いです。

クラビットの効果有効性

ニューキノロン系抗生物質の有効成分であるレボフロキサシンが細菌の増殖を抑制し、殺菌効果を発揮することで、クラミジア感染症だけでなく、幅広い感染症に高い効果を発揮します。
また、早い段階で服用を始めることで、症状の悪化を防ぐ効果も期待できます。

有効成分レボフロキサシンのため、クラビットは、多数の細菌によって引き起こされる感染症に対して治療的に有効です。 特にクラミジア感染症や呼吸器・尿路感染症には多くのケースがあり、様々な症状で病院を受診した際に医師から処方される薬として、第一候補として挙げられるのがクラビットです。 グラム陰性桿菌(GNR)に対して強い抗菌活性を持ち、グラム陽性桿菌(GPC)に対しても強い抗菌活性を持ち、多くの緑膿菌に対しても対応が難しい .

クラビットを服用することで、症状が出始めた早い段階で細菌の増殖を抑えることができるので、症状の悪化を防ぐことができるだけでなく、スピーディーな治療が期待できます。

細菌のみに効果を発揮

クラビットは、有効成分レボフロキサシンを含有する新規キノロン系抗生物質です。 レボフロキサシンは、細菌による皮膚感染症や性感染症を中心とした多くの感染症に高い効果を発揮する抗生物質です。

DNAが分裂し続けると、細菌の細胞が増殖し続け、徐々に症状が悪化していきます。 レボフロキサシンには、細菌の細胞分裂に必要な酵素であるDNAプロサイクラーゼを阻害する効果があり、細菌の死を先取りして抗菌作用を発揮するため、症状の進行を抑制しながら治療を行うことができます。

このように、レボフロキサシンは細菌自体には直接的な効果はありませんが、細菌の増殖に必要なDNAプロサイクラーゼには効果があります。DNAヘリカーゼは細菌だけが持っている特殊な酵素なので、元のDNAに影響を与える心配はありません。 そのため、体への負担や影響を最大限に抑えることができるので、高い治療効果を発揮しながらも副作用の発現リスクを上手に軽減することができる優れた特性を持つ抗菌薬です。

幅広い感染症の治療に即効性あり

コラピトールに含まれる有効成分レボフロキサシンは、ニューキノロン系抗生物質クラスの代表的な成分で、性感染症、尿路感染症、皮膚感染症、呼吸器感染症、眼科感染症、耳鼻咽喉科感染症、緑膿菌など、非常に幅広い感染症の治療に使用されています。 また、毎年多くの患者さんが出ることは誰もが知っていることであり、死因となるインフルエンザの予防にも使われるなど、多くの実績を持つ有効成分の一つです。

錠剤タイプの内服薬コレスチポールは、速効性に優れているという特徴があります。 効果については、治療目的のための個人差や症状にもよりますが、有効成分のレボフロキサシンは細菌のいる病変部に素早く到達するため、初期の人の場合は服用後数日で実際に効果を実感することができます。

また、上記のようにレボフロキサシンは多くの症状に長期間使用されているため、他の薬剤と比較して安全性が確立されているという特徴があります。

副作用

主な副作用
下痢、吐き気、腹痛、めまい、不眠、頭痛、発疹など。

希少な副作用
アナフィラキシー、皮膚・粘膜障害、肝機能障害、間質性肺炎、心臓不整脈など

これらの副作用は、クロピドを服用した際に起こることが報告されています。 どちらも軽症で治るケースが多いのですが、アナフィラキシーなど稀に起こる副作用に関しては、時に重篤な状態に陥ることもあります。 そのため、このような症状が出た場合はすぐに服用を中止し、医師の診察を受けましょう。

有効成分について

レボフロキサシンとの併用で幅広い菌種の治療が可能
クラビットは、有効成分レボフロキサシンを含む細菌感染症の治療薬です。 有効成分であるレボフロキサシンは、DNAプロサイクラーゼ(細菌のDNA複製に密接に関係する酵素)を阻害する能力を持つ新規キノロン系抗生物質です。 この作用により、一貫して服用すると細菌を死滅させる究極の効果があります。

また、緑膿菌に対して高い抗生物質耐性を持つという貴重な機能を持っており、非常に厄介な存在とされています。

ただし、服用時の注意点として、安易に継続して服用すると、有効成分に対する抗体を持った耐性菌が発生し、薬の効きが悪くなることがあります。 したがって、服用の際には、投与方法を守ってご使用ください。

服用方法

1回分
2錠(レボフロキサシン500mg

管理時間
毎日所定の時間に服用してください。

1日あたりの投与回数
最大1回

投与間隔
7~14日

摂取時間の指定がないので、ご希望の時間に摂取することができます。
コロビトールは錠剤タイプの治療薬で、1日1回水またはぬるま湯で服用してください。 服用時間については、食前や食後、就寝時などの指定がないので、お好みの時間に服用することができます。 しかし、血液中の有効成分の濃度を一定に保つことで高い効果が期待できますので、飲み忘れを防ぐためにも毎日決まった時間に服用することをおすすめします。

飲み忘れた場合は、次の服用時には絶対に2倍量を服用してください。 副作用のリスクが高くなるので、上記の注意点を守り、1日2錠以上の服用は避けましょう。

アルコールとの併用は避けてください。 アルコールを分解するために肝臓の働きを利用しており、有効成分を分解することが難しい。 その結果、高濃度の有効成分が体に伝わり、思わぬ副作用を引き起こす危険性が高くなります。

服用中に症状が著しく改善しない場合は、服薬を中止して医師の診察を受けてください。