クラビットは、クラミジアや淋病、その他様々な性病の感染症に効果があるお薬です。
細菌を殺して抗菌することで感染症を治療します。

従来の抗生物質よりも効果が高く、難治性の感染症にも効果を発揮します。
また、ペニシリンやセファロスポリンなどの他の抗生物質にアレルギーがある人でも服用できます。

個人輸入では、クラビットのジェネリック医薬品を格安購入することができます。

クラビットの格安通販サイト(送料無料)

 

 

 

 

 

 

クラビットの特徴

クラビットはニューキノロンクラスの抗菌薬です。
クラミジアや淋病など40種類以上の細菌感染症に効果があります。

また、クラミジア感染症は40%の確率で淋病に感染するとされています。
ルクインはクラミジアと淋病の両方を治療することができるので、併用することができます。

クラビットの効果とは

有効性
クラミジア、淋病、扁桃腺炎、急性気管支炎、肺炎、膀胱炎、前立腺炎、精巣上体炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、腸チフス、感染性腸炎、涙嚢炎、顎感染症、結核などの結核、Q熱、歯周炎、心膜炎、顎感染症、ペスト、コレラなど。

ルクインはクラミジアや淋病など多くの細菌と戦う抗生物質です。
細菌の増殖を抑制し、死滅させ、治療を指示します。
強力な抗菌作用があり、多くの症状に80%以上の効果を発揮します。

クラミジアに対する優れた効果

クラミジアは日本で最も多い性病です。
ルクインの主成分であるレボフロキサシンを用いた臨床試験では、クラミジアに対する高い治療効果が認められており、男性の尿道炎に対する有効率は84.8%、女性の子宮頸管炎に対する有効率は94.4%となっています。
クラビットも同じ主成分なので、同じような結果が期待できます。

クラミジアは性器以外の咽頭にも症状を伴うことがあり、咽頭も90%以上の効果があります。

クラミジア以外の多くの感染症にも効果があり、緊急時のために手元に置いておくと心強い薬です。

40以上の細菌感染症に対する有効性

クラビットは40以上の細菌感染症に有効です。
咽頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、膀胱炎、前立腺炎、腸チフス、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎などに効果があります。
病原菌の増殖を抑制し、患部の炎症を抑え、細菌を死滅させます。

多くの症状に対して80%以上の高効率であることがわかっています。
また、ニキビにも効果があります。

有効成分の解説

レボフロキサシンは、細菌の増殖に必要なDNAの複製を阻害するクラビットの有効成分です。
細菌のDNAを複製するためには、「DNAヘリカーゼ」という酵素を使ってDNAの歪みをなくす必要があります。

レボフロキサシンは、DNAヘリックス作用を阻害する能力を持っています。
これにより、菌のゆがみを取り除いたり、菌が成長して死んでしまうのを防ぐことができます。

クラビットの服用方法・飲み方

1回分
錠250mgを2錠、500mgを1錠(レボフロキサシン500mg)。

1日あたりの投与回数
1回まで

投与期間
7日から14日まで

所定の期間内に所定の金額を服用してください。
クラビットは1日1回500mgを7~14日間服用します。
少量を摂取すると耐性菌が発生し、完治しないこともあります。

所定の量を服用してください。
治療期間終了時には、検査キットなどを使用して病気が治っているかどうかを確認してください。

症状がおさまっていても、菌が排除されていない場合もあります。
その場合、再発の可能性もあるので注意が必要です。