フロントラインは、塗布後18時間以内に100%ノミを撃退するノミ・マダニ予防薬です。
約24時間で、ほとんどの成虫のノミは退治できます。

また、ノミの卵や幼虫の発生を防ぐので、ノミの感染を事前に防ぐことができます。

フロントラインは、ネットで販売されている定番のダニ予防薬です。
犬用と猫用があり、どちらもリーズナブルな価格で購入可能です。

フロントラインの格安通販サイト

 

 

 

 

フロントラインの効果・効果・有効成分

フロントラインは、犬の肩甲骨付近の皮膚に直接投与します。 そうすることで、有効成分が犬の皮膚の表面や被毛全体に浸透し、そこでノミやダニを退治します。

主な有効成分はフィプロニル、S-メトキシピリメタミンで、皮膚に少量滴下するだけで皮脂腺を通って全身に広がります。 それらの中枢神経に当たる毒性があるので、ノミやダニの撃退に効果があります。

ノミ・ダニアレルギーの犬にも効果的で、外に連れ出しても犬のかゆみや湿疹が気になりません。

フロントラインの副作用について

“フロントライン “の主成分であるフィプロニルは、有害生物を撃退するために使用される有害物質です。 もう一つの主成分であるS-メトプレンは、ホルモン物質であり、卵の孵化や幼虫から蛹への変態など生物の成長を阻害する働きがあります。

これらは犬や人間に100%無害というわけではありません。 使用量を観察すれば大きな弊害はないとされていますが、万が一口から体内に入った場合、摂取した薬剤の濃度が大きく異なるため、健康を害する可能性があります。 犬が直接舐めないようにするためには、細心の注意が必要です。

安全性について

テレビCMも流れているので、犬を飼っている人は知っていると思いますし、すでに利用している人も多いと思います。
このフロントラインの安全性に注目したいと思います。

フィプロニルは、フロントラインで成虫のノミやダニを撃退するために使用されている主な成分です。
東京都の調査によると、体重1kgに対してフィプロニル910mgを13週間ごとに投与すると毒性がある可能性があると言われています。
つまり、体重1kgの犬が13週間ごとに13本のフロントラインを直接飲んでいることになります。
そのため、通常の使用であれば安全性は全く問題ありません。

また、新たに追加されたS-メトプレンという成分は、ノミの卵の孵化や成長を抑制する成分です。
このS-メトプレンは、砂糖と同等の安全性が確認されており、妊娠中や授乳中の雌犬や子犬に与えても安全性が確認されています。

妊娠中や授乳中の雌犬や子犬にも安心して与えることができますので、様々な病気媒介のノミやシラミを撃退してあげてください。

フロントラインの使い方・飲み方

犬が直接舐めないように、フロントラインは犬が口に届かない肩甲骨の間に滴下します。 シャンプーや水風呂を使っても効果は減りません。 忌避効果は約1ヶ月以上持続しますので、1ヶ月に1回は定期的に滴下してご使用ください。 このように、いつでもノミやダニを撃退することができます。

衰弱している犬、高齢犬、治療中の犬、妊娠中の犬、授乳中の犬に与える場合は注意が必要です。 万が一、犬がかゆみや落ち着きがないなど、いつもと違う状態を示した場合は、すぐに獣医師に連絡しましょう。

使用上の注意事項

直射日光を避け、なるべく湿気の少ない涼しい場所で保管してください。
子供の手の届かないところに保管し、誤って薬に触れたり、口に入れたりしないようにしてください。
ご使用の際は、獣医師等の専門家に注意事項をご確認の上、ご使用ください。
薬を与えた後に愛犬に異常が見られた場合は、すぐに獣医師に相談してください。
愛犬がフロントラインを誤って飲んでしまった場合は、すぐに動物病院に連絡し、指示に従ってください。
投与中に誤って目に入った場合は、直ちに流水で洗い流し、刺激が続く場合は医師に相談してください。
投与中に本剤が人の皮膚に付着した場合は、石鹸で洗浄し、刺激が続く場合は医師に相談してください。