フロリネフはアジソン病やハイラルドステロン症の治療薬です。
犬の体に不足しているミネラルを調整する効果があり、多くの飼い主様に支持されているお薬です。

個人輸入なら獣医さんへ行かずとも通販でフロリネフを購入可能です。

フロリネフの格安通販サイト

 

 

 

 

フロリネフの特徴について

アジソン病の一般的な原因は3つあります。

外科的摘出、出血、腫瘍などにより副腎から分泌されるホルモンの量が減少することによる病気
副腎皮質刺激ホルモンと同じ機能を持つ薬剤の投与を中止して発症。
副腎皮質の機能を低下させる効果のある治療薬で発症。

発達犬の7~8割がメスというのが特徴の一つです。 遺伝的要因により、グリドルデン、西海ランドホワイトテリア、スタンダードプードルなどの犬種は、比較罹患リスクが高くなります。
アディの病気は急性期と慢性期に分類されます。

(急性)
体調が大きく変わることがあります。 また、めまいや転倒、さらには失神するケースもあります。 また、すぐに治療を開始しないと突然死するリスクもあります。

(慢性の場合)
回復と劣化を繰り返す特徴があります。 副腎皮質のダメージが徐々に大きくなり、重篤な症状が現れた時には末期状態に陥るケースもあります。

この病気の厄介なところは、根本的な治療がないことですが、フロリネフをコントロールして早期発見・早期治療で命を全うすることも可能です。 一方で、負担になるのは高額な薬代です。 実際には年間50万円以上の薬代をかけている家庭もありますので、効果や効能が変わらないジェネリック医薬品に切り替えるのが賢い選択です。

フロリネフの効果・効能・有効成分

アジソン病や高アルドステロン症の治療に使用されます。
腎臓の上部にある副腎が副腎皮質ホルモンを十分に分泌しないことで発症する病気です。

食欲不振
元気がない
暴飲暴食
下痢嘔吐
痩せ
歩くのが嫌になる
副腎皮質刺激ホルモンの欠乏は、上記のような症状を引き起こす可能性があります。 また、エディの病気は体内の塩分が不足して血圧が下がってしまうので、フロリコートを補う必要があります。 きちんとした使い方をすれば、普通の生活を送ることもできます。

フルチカゾンアセテート
同じ種類のステロイドホルモンですが、塩分代謝が強力なため、通常のステロイドと比べると性質が大きく異なります。 この性質を利用することで、体内のナトリウム量を増やし、血圧を上げる効果があります。 また、副腎皮質刺激ホルモン(ステロイド)は、糖質代謝、タンパク質の異化、免疫反応などと密接な関係があり、生命維持に欠かせないものです。 副腎機能が低下しているため、酢酸フルオロキノロンには不足している副腎皮質ホルモンを補充する効果があります。

フロリネフの副作用

うつ病、下痢、吐き気、食欲増進、のどの渇き、皮膚の炎症、低カリウム血症、多飲多尿、骨粗鬆症などがあります。
これとは別に、異常が生じた場合は直ちに使用を中止し、獣医師の診察を受けるようにしてください。

フロリネフの使い方、飲み方

アディ病の犬に0.1~0.4mg(1~4カプセル)を与える。 薬は6時間以上空けてください。
犬の症状によって薬の量が異なりますので、必ず獣医師の指示に従って使用してください。
ステロイドの特徴として、急に使用を中止すると、代わりに疲労感、吐き気、頭痛などの症状(バスケ)が悪化することがあります。 副腎皮質刺激ホルモン産生機能の回復の早さにもよりますが、経鼻投与量を徐々に減らしていくことでリスクを最小限に抑えることができます。

注意事項

高血圧や感染症の種類にもよりますが、使用してはいけません。
薬が強いと高ナトリウム血症になることがあります。 高血圧や浮腫が発生した場合は減量する。
直射日光を避け、涼しい場所で保管してください。
子供の手の届かないところに置かないでください。
急に使用を中止しないでください。 重度の拒絶反応の症状が出ることがあります。
お薬を渡し忘れた場合は、思い出したらすぐに渡してください。 この時に2回の投与は絶対にしないでください。

安全性について

フロリネフはフロリネフのジェネリック医薬品です。
炎症を抑える効果があり、様々な症状の治療に使用されています。
犬のアジソン病に使用されています。

フルリキシックの主成分は酢酸フルドロコルチゾンで、副腎から分泌される副腎皮質刺激ホルモンと同じように作用します。
アジソン病(慢性副腎皮質機能不全)は、副腎のホルモン産生量が少なく、フルドロコルチゾン酢酸塩の塗布によって産生されるホルモンを上書きしてしまうことで起こります。

アジソン病では、酢酸フルドロコルチゾンを主成分とするフルドロコルチゾン(フロリネフ)が毎日投与されますが、安全性が懸念されています。

フルドロコルチゾン(フロリネフ)の一般的な副作用は消化不良です。
他にも副作用が出た例はありますが、処方された用法・用量・回数・投与期間を厳守していれば安全に服用することができます。

また、フルオロウラシル(フロリネフ)は、ナトリウムを貯蔵し、カリウムを排泄する性質を持っています。
カリウムを豊富に含んだ野菜や果物を上手に摂取すると、心の平穏が改善されます。